滝川クリの「モナリザ」ポーズ その角度の「秘密」が明らかに

印刷

   ニュースキャスターの滝川クリステルさん(31)がテレビ番組に出演し、テレビから視聴者に語りかけるときに斜め45度に構える「モナリザ」ポーズの舞台裏を明かした。実は「話したくてしかたなかった」そうで、「角度は分度器で測っている」といった知られざる「秘密」があり、ポーズ誕生にもそれなりの背景があった。

「『秘密』を話したくてしかたなかったんですよ」

   滝川さんが出演したのはフジテレビ系「笑っていいとも!」の2008年12月23日放送分。司会のタモリさんは、「今日は正面(向き)ですいません」と前振りした後、滝川さんがキャスターをしているフジテレビ系「ニュースJAPAN」での「モナリザ」ポーズについて、

「誰が何の目的でそれを決めたのか、ずっと興味を持っていたんですよ」

と切り出した。

   滝川さんは、

「『秘密』を話したくて、話したくて、しかたなかったんですよ」

と、とても嬉しそうに語り出した。

   まず、女性を美しく見せるためには斜め向き45度がいい、ということが起点になったという。次に、視聴者がテレビ画面を正面から見た場合に、スタジオのキャスター2人の位置と視聴者が「二等辺三角形」で結ばれるような形にしているのだそうだ。

分度器を使い角度を測る

   その結果、

「視聴者は一方的に見ているのではなく、私たちと時間を共有しているように感じるんですよ」

だそうだ。スタジオセット自体も斜め向きに作られているという。

   実は、このアイディアを出したのは、同番組のキャスターの松本方哉さんだそうだ。松本さんはフジテレビドラマ「踊る大捜査線」の舞台セットスタッフと綿密に打ち合わせをし、自ら分度器を使い角度を測るなどしてスタッフに指示したという。ちなみに、スタジオ全体は人形劇「サンダーバード」の基地をイメージしているという。それも松本さんのアイディアで、松本さんは「サンダーバード」を始めとするSF物が大好きなのだそうだ。

   滝川さんはどうしてあの「モナリザ」ポーズをしているのか、はこれまで謎だった。07年3月14日に行われたフジテレビ番組審議会でも賛否両論があり、「普通のキャスターと違う座り方なので違和感がある」との声も出ていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中