「羞恥心」は完全燃焼したか?  気になるつるの「いったん休止」発言

印刷

   人気イケメンおバカユニット「羞恥心」の歌手活動が休止した――。結成のきっかけとなったクイズ番組「ヘキサゴンII」では、「羞恥心」の最後の熱唱が放映され、8か月間を走り抜けた3人の最後は涙、涙、涙で終えた。

羞恥心「ファーストステージを終えて、いったん休止に」

   「羞恥心」の3人――つるの剛士さん、野久保直樹さん、上地雄輔さんが出演したのは人気クイズ番組「ヘキサゴンII超クイズパレード!!新春3時間スペシャル!!」(フジテレビ系、09年1月2日放送)。「羞恥心」を「さじしん」と読み間違えたことから出発した3人は、この日のクイズでも「珍回答」を連発していた。

   番組後半、「羞恥心」としての活動がいよいよクライマックスを迎える。リーダーのつるのさんが「『羞恥心』はひとまずファーストステージを終えて、音楽活動をいったん休止させていただきます」と宣言すると、3人は目に大粒の涙があふれ出す。

   上地さんは「羞恥心」の歌手活動休止が決まったときの心境について、

「3人並ぶことがなくなると決まってからは、歌っている最中に目が合うことが増えたし、3人で一緒にいるときにはシーンとしてしまうことが増えました」

と、涙ながらに話し、小さい子からおじいちゃんおばあちゃんまで手を振ってくれたことが嬉しかったと、8か月を駆け抜けた活動を振り返った。

島田紳助「これが一番美しい終わり方」

   デビュー曲「羞恥心」を熱唱して、3人は歌手活動を終えた。「羞恥心」の生みの親で番組司会の島田紳助さんは、今回の活動休止の経緯を次のように話した。

「『弱虫サンタ』が(オリコン週間チャート)1位で終わり、CDが売れている中終わるというのは芸能界ではなかったことと思います。でも、これが一番美しいし、我々が4月にデビューしたときに決めていた通りに、紅白で撤収しようということになりました」

   「羞恥心」は08年4月にデビューシングル「羞恥心」をリリース後、3枚のシングルCDを世に出した。12月に発売されたCD「弱虫サンタ」は念願のオリコン週間チャート1位にランクイン。大晦日にはNHK紅白歌合戦にも出場を果たし、最高のかたちで歌手活動を締めくくっている。

   確かに、出来すぎともいえる8か月だったが、人気絶頂期での活動休止についてメンバーたちの「本心」はどうなのか。

   上地さんはブログで、「一緒の時を羞恥心を通してあなたと過ごせた事が嬉しいです」と、一応納得しているようだが、リーダーのつるのさんのブログには複雑な心境がにじみでている。

   1日、2日に行われた神戸、東京でのライブを終えた後に更新した記事では「やっぱりちょっぴり寂しかったですが、もう悔いはありません。歌いきりました。踊りきりました」と書かれている。もしかしたら、番組中の「いったん休止」発言は、島田紳助さんへの早期再開アピールだったのかもしれない。

   2人のブログのコメント欄にも、歌手活動を再開してほしいと望む声が寄せられており、

「歌手としての羞恥心が見られなくなるのは寂しい」
「歌手羞恥心休止寂しいし悲しいけど、羞恥心わ羞恥心だし変わらないもんね。でもやっぱやだな(泣)」
「解散じゃないしまたパワーアップしてみんなの前に戻ってくんでしょ」

などと書き込まれていた。ちなみに、上地さんのブログのコメント数が1万件以上が、つるのさんはコメント数の上限となる5000件がうめられていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中