「スーツケース4つでついて来い」 「エリカ様」ベタぼれ高城剛の素顔 

印刷

   正月の芸能ニュースの大きな話題と言えば、「エリカ様」こと女優の沢尻エリカさん(22)の結婚だ。お相手は、ロンドンをベースに活動している「ハイパーメディアクリエーター」高城剛さん(44)。結婚報道ではその素性について触れられることは少ないが、いったい、どんな人物なのだろうか。

太陽が月に隠れた時に「結婚してください」

   沢尻さんと高城さんの交際は、2007年春頃から報じられてきた。沢尻さんは07年秋、映画の舞台挨拶で「別に」と不機嫌そうに発言したことでバッシングを受け、それ以降、メディアへの露出が減少。それと時期を同じくするようにして、沢尻さんは渡英、語学学校に通いながら、高城さんと事実上の同棲生活を送っていたとされる。

   2人は12月29日に成田空港から帰国し、2日後の12月31日、沢尻さんは報道各社に対して、09年1月19日に明治神宮で挙式することを明らかにした。

   この時に、沢尻さんはプロポーズの様子も明らかにした。その様子が非常に特徴的だ。沢尻さんの説明によると、08年8月1日、ロシア中央部にある自治共和国、アルタイ共和国まで2人で皆既日食を見に出かけ、太陽が月に隠れてダイヤモンドリングが出現した際に「結婚してください」とプロポーズを受けたのだという。

   非常に珍しい場所でのプロポーズだが、高城さんについて触れた過去の雑誌記事などを見てみると、それが大して不思議ではないことが分かる。

   例えば、「ニュー・リッチの王国」(08年、光文社ペーパーバックス)のインタビューの中では、沢尻さんとのエピソードも披露されている。インタビューの中で、高城さんは、

「いつでもどこでも行けるというスタイルがいいんです」

と、「定住しないスタイル」の重要性を強調、沢尻さんには

「スーツケース4つで世界の果てまでついて来いっ!」

と告げたのだという。

   この背景には、高城さんが自称するところの「ハイパーメディアクリエーター」としての仕事ぶりと密接な関係がありそうだ。

   高城さんは1964年東京生まれ。小学生の頃から東京・秋葉原の電気街に毎日のように通った。今で言う「パソコンマニア」だ。日本大学芸術学部在学中から多くのビデオ作品を手がけ、卒業後と同時に映像作家としてデビュー。ナイキ・エアマックス、ソニーの「AIBO」などの話題の商品を数多く立ち上げたことでも知られる。92~93年頃からメディア露出が増え、94年にはテレビ東京で「高城剛X」というマルチメディアについての番組を担当してもいる。同年末には、ネットビジネス「フランキーオンライン」を立ち上げ、注目を集めた。顧客に動画像データをCD-ROMで配布し、テキスト情報をネットワークで送る方式で、「低速回線しかなくても楽しめる」と、当時としては画期的なサービスだった。

「トレンドがほとんどない東京にいてもしょうがない」

   高城さんと打ち合わせで同席したことがあるプログラマーによると、高城さんは91年ごろから「ハイパーメディアクリエーター」を名乗っていたという。

   海外での活躍も多い。98年1月の日経産業新聞のインタビューでは、その意義について、

「日本が大好きなんだが、創作活動となると米国の方が圧倒的に仕事がしやすい。クリエーターを支えるビジネスの基盤があるからだ」

と語り、96年4月には、朝日新聞の「アエラ」で、豊富な海外渡航経験を披露している。同誌によると、高城さんは「山手線より国際線に乗る回数の方が多い」といい、

「太平洋線を中心に、月平均10回は国際線に乗る。この3か月に回った国は20か国で、乗るのは大体ビジネスクラス。予約は空港に向かう車の中から携帯電話で入れたりする。ほとんどバスに乗るような感覚だ」

と紹介されている。08年には、格安航空についての著作「70円で飛行機に乗る方法」(宝島社新書)を発表してもいる。

   ところが、前出の「ニュー・リッチの王国」によると、ここ3年ほどで、10年以上かけて集めてきたものをほとんど処分してしまったのだという。処分されたのは、10万冊にのぼる本や雑誌、DVD、ブランド品などで、削減率にして90%以上、段ボールにして1000以上にのぼったという。愛車のポルシェに乗るのもやめ、移動はもっぱらハイブリッド車と地下鉄に切り替えた。

   激変した後のライフスタイルについては、同インタビューで、こう明かしている。

「いまはほとんどロンドン・ベースで暮らしているんですよ。ここ1年は…。ボクにクリエイティブ戦略を求めるクライアントは世界に点在していますし、DJも世界中でプレイできますからね。(略)流行商売をやっているのにトレンドがほとんどない東京にいてもしょうがないでしょう」
「異常気象に対応するためにも、1か所に定住しない生き方がベターですよ。これを、グローバルにやる。トライ&エラーをくり返し、自分に最適なやり方を探す。まだ、なにが正しいかはわからないですけど、様子見だけはしていません」

   最近のインタビューでは沢尻さんは、高城さんについて

「大人だし、私はハタチそこそこのクソガキだけど、一緒にいて楽」

などと話していたが、高城さんの独特な生き方に魅力を感じたのは間違いなさそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中