電気機関車「ムーミン」引退 高崎-横川間「さよなら運転」

印刷

   丸みを帯びた形から「ムーミン」の名前で親しまれてきた電気機関車「EF55」が引退することになり、2009年1月18日、「さよなら運転」が群馬県のJR高崎駅-横川駅間で行われた。EF55は1936年製造で、JRで現役の電気機関車としては最も古い。出発式が行われた高崎駅には約1200人の鉄道ファンらが集まり、名残を惜しんでいた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中