「コンドーム風船人形『性行為』CM」ユーチューブなどにアクセス殺到

印刷

   外国のCMは、日本と比べて奇抜なものも多い。その中でも、英国のコンドームメーカーが制作したCMが、ネット上で注目を集めている。コンドームで作られた「風船人形」3体が登場し、お互いに性行為を始める、というもので、仮に日本国内で放送されたとすれば、苦情が殺到するのは間違いなさそうな内容だ。全世界のネットユーザーに相当な衝撃を与えたようで、動画投稿サイトに転載されたCMにはアクセスが殺到、多いものでは、すでに再生回数が50万回を突破した。

CM制作は米ニューヨークのCMプロダクション

「ユーチューブ」転載の動画は、すでに50万回以上再生されている
「ユーチューブ」転載の動画は、すでに50万回以上再生されている

   話題になっているのは、英国のコンドームメーカー、SSLインターナショナル社が展開するコンドームのブランド「デュレックス」のCMだ。「デュレックス」は、コンドームの世界シェアの約25%を占めるとされる。

   CMの長さは30秒で、コンドームを膨らませて作られた、犬の形をした「風船ぬいぐるみ」が登場。冒頭、ピンクとブルーのぬいぐるみ1体ずつが登場し、ピンクのぬいぐるみがブルーのぬいぐるみに対してお尻を突き出し、以降さまざまに向きを変えながら性行為を行っているように見える動きをする。CMでは、特に音楽などはなく、ゴムとゴムとが擦れ合う「ミシッ、ミシッ」といった音が、ひたすら流れる。中盤には、オレンジ色のぬいぐるみも新たに登場。3体で「行為」が続き、最後に「デュレックス」というロゴ入りとともに「Get it on」という標語が映し出される。なお、「Get it on」という言葉は、「物事を楽しくやる」「性交する」などと訳されることが多い。

   このCMを制作したのは、米ニューヨークのCMプロダクション「スーパーファド」のロバート・ルーガン氏。同氏の公式サイトによると、これまでにもコダック、大手通信会社のベリゾン・ワイヤレス、家電メーカーのフィリップス、テレビ局のHBO、ESPNなど、世界の有名企業の広告を担当している。

   「スーパーファド」の発表資料によると、このCMでは、

「米国での製品の使用を促進するために、断固として、喜劇的なねじれ(体位?)をしている」

   などと制作意図を説明。

英語によるコメントは賛否両論

   また、ルーガン氏は、

「広告代理店が私たちにCMを作る機会を与えてくれただけでなく、後押ししてくれた。電話会議が、これまでにないほど楽しかった」

   などと振り返っているという。

   このCMの動画は1月上旬に次々に「ユーチューブ」などの動画共有サイトに転載され、数十万回単位で再生されているものも多い。最も多いもので約52万回再生されており、すでに200近くのコメントがついている。内容は、

「あからさますぎる!」
「まあOKなのではないか」
「あはははは こりゃ楽しい」
「最高のCM」
「気分が悪くなる」

   などと賛否両論だ。ただし、現段階では英語によるコメントが大半で、日本語によるコメントは皆無と言って良い。英語圏と日本語圏とでは、このCMの受け止め方に、かなり差が出てくる可能性もありそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中