グーグル辻野新社長 「日本法人としての独自性を打ち出していく」

印刷

   グーグル日本法人の辻野晃一郎社長が2009年1月26日、就任後初めての記者会見を行い、今後の抱負を語った。会見のなかで辻野社長は「地域の違いを意識したオペレーションに切り替えていきたい」と、日本法人独自のカラーを打ち出していく考えを示した。

「きちっと顔を見せて、責任あるコミュニケーションを」

辻野社長は、「現地法人としての責務をはたしていきたい」と語った
辻野社長は、「現地法人としての責務をはたしていきたい」と語った

   2008年に創業10年を迎え、日本法人も設立から7年が経過したグーグル。辻野社長は、「これまではグーグルのグローバリゼーションのフェーズ1だった」として、

「フェーズ1では日本法人が出しゃばらず、アメリカのグーグルを意識した"透明な存在"として活動してきたが、フェーズ2となる今後は、地域のいろんな違いを意識したオペレーションに切り替えていきたい」

と、日本法人としての独自性を打ち出していく方針を明らかにした。また、日本におけるグーグルの影響力も年々大きくなっていることから、

「グーグルの日本における代表者として、きちっと顔を見せながら責任のあるコミュニケーションを取っていきたい」

と表明。具体的には、日本政府に対して、グーグルのサービスや戦略について説明し、テレビや新聞などの「オールドメディア」と話をする機会を増やしていく方針だという。

「ユーチューブの収益化に向けたアプローチを開始」

   最近の景気悪化の影響については、

「ワールドワイドにみて成長が鈍っているという面は否めないかもしれないが、まだ強い成長を続けている。日本でも、広告ビジネスについては、引き続き強い動きを示している」

と強気なコメント。その一方で、

「厳しい経済環境のなかでは、これまで強みとしてきた検索連動型のアドワーズやコンテンツ連動型のアドセンスに加えて、新しい広告ビジネスの機軸を打ち出していかねばならない。特にユーチューブに関して、収益化に向けた本格的なアプローチを開始していきたい」

と、新たなビジネスモデルを模索する必要性を語った。

   辻野社長は1月1日付けで、執行役員製品企画本部長から昇格。村上憲郎前社長は名誉会長に就いた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中