NECトーキン 国内3事業所閉鎖へ

印刷

   NECの子会社で電子部品大手のNECトーキンは、2009年1月27日、240人の従業員を抱える栃木事業所の閉鎖を発表した。角形電池事業からの撤退によるもので、2月までに生産を終了する予定。ほかに、岩手と兵庫の2事業所も09年中に閉鎖し、国内全体の事業所で450人の希望退職者を募る。これにより、40億円の人件費引下げ効果が見込まれるという。希望退職者には通常の退職金に特別加算金を加え、希望者には再就職支援も実施する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中