破産富士ハウスに「被害者の会」 建築中の住宅数百件

印刷

   静岡県を中心に年間1500件以上の住宅を建築・販売していた住宅メーカー「富士ハウス」が破産した。今建築中の住宅も数百件あるといわれ、注文主たちは「マイホームを完成させられるのか」「支払った金は返ってくるのか」と不安に駆られている。mixiでは早くも「被害者の会」が立ち上がった。

mixiに書き込まれた注文主たちの唖然、茫然

住宅メーカーが倒産すると建築中の家はどうなるのか?(写真はイメージ)
住宅メーカーが倒産すると建築中の家はどうなるのか?(写真はイメージ)

   富士ハウスは静岡県浜松市に本社を置く木造住宅メーカー。東海地区を中心に関東から関西まで78支店を展開し、年間418億円の売上(2008年3月期)があったが、個人消費の落ち込みや過大な設備投資などで業績が悪化。経営再建に向けた金融機関との協議も、金融情勢の悪化などで不調に終わったため、2009年1月29日に東京地裁に破産を申請し、破産手続きの開始決定を受けた。

   同社に建築を依頼していた注文主たちは翌30日、テレビやネットのニュースで破産を知って仰天することになる。SNSサイト「mixi」の日記には、呆然とする注文主のコメントが多数書き込まれた。

「信じられないことがおこりました 建築中の我が家でしたが、お願いしていたハウスメーカーが今日倒産。工事もストップ。いつ完成するのかもわからなくなってしまいました。旦那と2人で呆然としているところです」
「かなり落ち込んでます… そうです 契約してました… 100万返ってこない… 来月地鎮祭の予定で楽しみにしてたのに… 今年は旦那が厄年だし、私は八方塞がりだから建てる時期ではなかったのかな…」
「うちが契約している富士ハウスが破産宣告しました とんでもない事になりました。昨日破産をしたようなんですが、それなのにうちは今日家を作ってましたよ 本来なら今日は上棟式だったんです。だから、朝から大人数の大工さんが家を作ってたのに…。アハハ もう笑うしかないです…」

   また、すでに住宅の引渡を受けているという人も「アフター保証がなくなってしまう」と嘆いていた。mixiでは1月31日に「富士ハウス被害者の会」のコミュニティも立ち上げられ、70人以上がメンバー登録した。今後の行方に関する不安や疑問の解消のため、情報交換を行っていくという。

破産管財人の方針決定まで工事ストップ

   富士ハウスの経営破綻を受け、財団法人「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」には注文主からの電話相談に応じる窓口が設けられた。1月31日は休日返上で職員が対応したが、受付開始から電話が鳴り続け、「昼ごはんを食べる間もないぐらい」だった。

「多かったのは、家を建築中の人からの相談。これからどうなるのか心配ということだが、破産管財人がどういう方針で進めていくのか何もオープンにされていないので、今後の具体的なことについては答えるのがむずかしかった。破産手続きは法律的な問題で、工事の段階や代金の支払い状況によっても対応が変わってくる。個別の処理については弁護士に聞いてもらったほうがいい」

と同センターの職員は、地元の弁護士会に相談することをすすめている。また、建築関係の訴訟を数多くてがけた経験をもつ牧野二郎弁護士は

「規模の大きい会社なのに、いきなり破産申請というのは珍しい。同じ経営破綻でも民事再生や会社更生の場合は会社を生かして事業継続を目指すことができるが、破産手続きとなると、注文主は非常に厳しい立場に置かれる。最悪の場合、手付金と中間金を払ったのに家は完成できず、払ったお金もほとんど返ってこないということも考えられる」

と指摘する。

   今回のように建築途中で住宅メーカーが倒産してしまった場合に注文主を保護するため、前払い金や工事の追加費用を保証したり、工事を引き継いで完成させる業者をあっせんしたりする「住宅完成保証」という制度もある。しかし完成保証制度に加入するかどうかは業者の自由で、富士ハウスの場合は「どうやら完成保証は入っていないようだ」(住宅リフォーム・紛争処理支援センター)という。

   富士ハウスが建設していた住宅は、破産管財人が方針を決定するまで、工事が中断することになる。マイホーム完成が突然遠のいた注文主は途方にくれているが、ある業界関係者は「他社の注文主もひとごとではない」と次のように警告する。

「去年の夏以降、住宅業界は受注が急激に減り、資金繰りの苦しい業者が多数存在している。いまの景気状況からすると、富士ハウスと同様の事例が今後も発生する可能性がある。これから家を建てようと考えている消費者は自己防衛策として、事業者が完成保証と住宅瑕疵担保責任保険の両方を扱っているかどうか、書面等で確認することが不可欠だ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中