中国経済「回復の兆し」説  どこまで本物だろうか

印刷

   2009年の中国の仕事始めは、2月2日からだ。春節休みの期間中に、スーパーはどこもかしこも買い物客でごった返し、車も、毎日鳴らしている爆竹と同様、爆発的に売れていた。電力発電量が08年10月、11月のマイナスから12月は増加に転じたこともあり、経済回復の兆しもごくわずか出てきたように見える。

倍増している自動車販売量

   2月1日、春節休みの最後の一日。北京郊外に自動車販売店が300社近くが集まった北京アジア運動村自動車市場。中に入ると、親類もいっしょに自動車を選ぶ客があっちこっちで見られた。ディーラーの周りに数人が囲んで、いろいろやり取りをする。1.6リットルの車を売る、ある日系メーカーの王というディーラーは、J-CASTの取材に、

「昨年同期よりは倍以上の量をこの春節期間中にさばいた。1月20日から今年いっぱいまで1.6リットル以下の車に対して、車両購入税が免除されるので、それでお客さんが殺到したと思います」

と早口で話した。

   08年の販売は平均月に30台ぐらい。「09年の1月だけでも70台以上は売れた」(王ディーラー)。国の政策で1.6リットル以下の車を購入する際、購入税は1月20日から免除されるようになり、車の値段が一挙に5%安くなった。

   アジア運動村では一日200台前後の販売量だったが、今は600-700台となっている。全部1.6リットル以下の車ではなく、車自体はスムーズに売れている。「2009年に中国の車販売量は、8%増と見込みで、2008年の5.21%増よりは高いはず」と自動車関係者は見る。

本格的回復は09年の下半期という見方

   自動車だけでなく、中国の発電量にも変化が出ていた。12月の華潤電力の発電量は、10月、11月の続落から抜け出して、昨年同期より1.1%増に転じた。1月6日のロイター通信によると、08年12月の中国の発電量は昨年同期より3%増だったという。

   ただ、中国経済が本格的に回復するのは09年の下半期という見方の方が多い。政府関係の隔週刊である『中国経済情報』誌の顔志剛編集長は、J-CASTの取材に答えて、

「2008年11月に中国政府は経済刺激策として4兆元の投資を決めた。地方政府もそれぞれの刺激策を講じた。それは09年の第一四半期に設備などの購入リストが決まり、実際に生産に入るのは第二四半期で、市場にその経済刺激策の効果が出るのは、どうしても今年の下半期になるのではないか」

と分析する。

(J-CAST 北京)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中