週刊新潮敗訴「社長にも責任」 編集に口出しすべきなのか

印刷

   週刊新潮の記事を巡り、裁判で新潮社社長の賠償責任まで認定された。名誉毀損を防ぐための研修やチェック体制が十分でなかったというのだ。一方、新潮社側は「編集権の独立」を訴えていた。どこまで、経営者の責任が問われるべきなのか。

新潮社側は、「編集権の独立」を主張

「新潮社の名誉毀損は、度重なっているんですよ。少しは反省してもらいたいと思います」

   東京地裁は2009年2月4日、大相撲の貴乃花親方夫妻を原告とする訴訟の判決で、週刊新潮側に計約375万円の損害賠償支払いと謝罪広告の掲載を命じた。これに対し、親方夫妻の関係者は、地裁判決をおおむね評価して、こう新潮社側に注文を付けた。

   裁判中は、遺産相続でのトラブルや八百長などを報じた5つの記事について争われ、いずれも伝聞情報だけで裏付け取材がないとされ、名誉毀損が認定された。

   この判決では、新潮社の社長までが賠償責任の対象にされたことが異例だ。取締役の責任を定めた旧商法の規定に基づき、経営者として名誉毀損を防ぐための対策が不十分だったというのだ。

   判決では、弁護士を交えた勉強会が2年に1回ほどしかなく、編集部を監督する担当取締役は、毎週原稿に目を通して編集長にいくつか質問する程度だったと指摘。社長が業務の統括責任者として、各種の研修や出版前のチェック体制を充実させ、出版後も第3者委員会に点検してもらうべきだと述べた。

   裁判中は、新潮社側は、「編集権の独立」を主張した。が、判決は、社長が名誉毀損防止の義務を果たすことはそれと矛盾しないと退けた。

   地裁が社長の責任まで追及したのは、名誉毀損が5つもの記事で度重なっていると考え、それを重んじたためのようだ。

新潮社側の敗訴が続き、次々に損害賠償支払い命令

   週刊誌報道などを巡る訴訟では、もちろん、新潮社側が勝訴するケースもある。が、最近は、同社側の敗訴が度々報じられている。2009年に入ってからも、楽天や野中広務元衆院議員、演歌歌手の藤あや子さんが訴えた訴訟で、次々に損害賠償支払いを命じられているのだ。

   東京地裁判決のように、社長がもっと責任を持つべきなのか。

   ジャーナリストの佐々木俊尚さんは、判決には否定的だ。

「社長が口出ししたら、報道の自由が毀損されてしまいます。メディアには編集権の不文律があり、編集はやはり独立して、編集長が責任を持つべきです。社会の公器としての報道機関の役割を考えると、営利事業とイコールにはなりません。研修などには、有効性があったためしはないですし、コストもかかり過ぎます。経営者個人にまで責任を負わせると、メディアが萎縮してしまう危険性もあるので、おかしいと思います」

   つまり、経営責任追及は、ひいてはジャーナリズムの終焉につながってしまうとの考えだ。

   ただ、社会がマスコミに対して厳しい目を注ぎ始めた中では、雑誌編集者は、もはや昔のやり方だけでは通用しないことを自覚すべきだとする。

「かつては、伝聞に基づく、ニュースソースのはっきりしない記事が社会で認められていました。しかし、今はそういう時代ではありません。編集者は、取材のソースを報道で明確にする努力が求められています。もっと、時代状況を認識すべきですね」

   一方、週刊新潮編集部では、「全く納得できない判決なので、即刻控訴する」とだけコメントしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中