府民感覚と大きくずれる 校長たちの「超エリート校」反対

印刷

   府立高校から学力レベルの高い10校を選び、「進学指定特色校」にするという「超エリート校構想」が大阪府で浮上している。2011年の実現を目指し、09年6月までに指定校が決まる。府民の間では「私立に比べて学費が安い公立で難関大学を狙える」とおおむね好評だが、府立高校校長の7割が「反対」しているという。なぜか。

「東大」「京大」「阪大」への進学率、2割増やす

   大阪府教育委員会は2011年の実現に向けて進めている教育改革の一環として、府立高校から10校を選び、「進学指定特色校」にするという構想を09年1月30日に発表した。難関大学への進学には、公立よりも私立の方が有利とされる現状を変えるのが狙い。東京大学、京都大学、大阪大学、神戸大学、早稲田大学、慶応大学への進学率は府立全体で年間1000人だが、2割以上増やすという。テレビや新聞で「超エリート校構想」と報じられ、注目を集めている。

   府民の間では、「私立に比べて学費が安い公立で難関大学を狙える」「選択肢の幅が広がる」といった賛成意見が多いようだ。

   一方、府立高校校長の7割が、「反対」している、と09年2月3日付け「毎日新聞」大阪朝刊が報じた。同紙は府立高校の校長144人にアンケートを行い、71人から回答を得た。「進学指導特色校を導入することに賛成ですか」という項目に対し、「反対」が68%と圧倒的に多い。その理由は「学校間の格差が広がる」17%、「公立高のあり方にそぐわない」54%、「その他」27%となっている。

   橋下徹・大阪府知事はこの結果を知り、09年2月3日に行われた記者会見で、「なんでこんなに府民感覚と違うのか」「校長連中はわかっていない。公務員組織の最大の欠陥だ」などと怒りを露わにした。さらに「僕にはできないが、どうやって(校長の)首をとばすか」という仰天発言も飛び出した。

   知事の発言について賛否はあるが、それはさておき、現場で反対しているのはなぜだろうか。

   ある府立高校の教頭はJ-CASTニュースの取材に対し、こう語った。

「百数十校ある府立高校のうち、進学校は1割程度。それ以外の学校はどうなるんでしょうか。最近、知事は学力だけを重んじるかのような発言をしていますが、疑問を感じます」

進学だけを重視するなら私立と同じになる?

   大阪府教育委員会が中心となり、学力だけでなく色んな特色を持った学校づくりを1999年から進めている。

「この10年間の流れから大きく逸脱しすぎているのと違いますか」

   さらに、「公立は人格教育も行う場所。進学だけを重視するなら私立と同じになる」「府民の多くが公立の進学校化に賛成しているというが、ビジネスとは異なり、求められているから何でもやるのは間違いだ」などと訴えた。

   J-CASTニュースは進学校を含む府立高校15校に取材を申し込んだが、「教育委員会から具体的な話が降りてきておらず、今の段階では何ともコメントできない」と答えた学校が1校。それ以外は校長が不在などの理由で回答を得られなかった。

   大阪府教育委員会の教務課担当者によると、「進学指定特色校」10校は09年5~6月に決まる。(1)地域に偏りが出ないようバランスよく設置する(2)各校の進学実績を考慮する(3)計画を前向きに捉えている学校を優遇する、という点から総合的に判断する。

   一方、校長の7割が反対していると報じられていることについて、教務課担当者は、

「詳細が決まっていないので、学校に説明をしていません。情報が少ない中、『エリート校を10校選びます。賛成か反対か』というアンケートを行ったら、多くが反対するでしょう。生徒を良い大学に入れてあげたいという思いは、教育者なら誰もが持っている『本能』のようなもの。きちんと説明すれば、7割が反対するとは思えません」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中