不況下のリーマンランチ事情 自分で作る「弁当男子」増殖中

印刷

   この不況のあおりを受けて、ランチはお弁当というサラリーマンが増えている。オフィスに弁当を持参する独身サラリーマンは「弁当男子」と呼ばれ、現在、増殖中だとか。料理を作ることが好きだという男性が増えたのも一因だ。弁当箱の売り上げも好調だそうだ。

「やり始めるまでは結構抵抗あったんだけど」

   マーケティングリサーチ会社のインテージが2008年10月30日に発表した調査によれば、ビジネスパーソンの昼食として最近増えたものは、「家から持参の弁当」(36%)。持参しはじめたのはここ1年くらいで、切り詰めている費用は「昼食費」(43%)「夜の飲み会などの費用」(42%)が挙げられている。08年10月17日~21日、20~59歳の男女2400人を対象に、インターネット上で実施した。

   この調査を裏付けるかのように、弁当を持参する独身サラリーマンのことは「弁当男子」と呼ばれ、現在、増殖中だ。弁当を話題にしたネット掲示板には、次のように書き込まれている。

「既婚男性の弁当持参3割の会社(一応大企業)にいるけど、確かに独身男性で弁当持参もちらほら見るようになった。20代が多い」
「今は不景気だから時間はいくらでもあるんよ。作るのは最初面倒臭かったけど、毎日20分ほど。バイトやってると思う事にしたら何ともなくなった。事実、それで1万数千円ほど毎月手元に残るし 」
「俺一人暮らしだけど完全自炊。毎日タッパ一杯におかずを作り、3日前、2日前、昨日、そして今日作ったおかず。これが弁当になる」

   個人のブログでは、写真とともに紹介するケースもある。ある39歳男性はこの1月、東急ハンズで恥ずかしながら弁当箱を購入し、弁当生活が始まったと書いた。「やり始めるまでは結構抵抗あったんだけど、やってみたら健康的だし経済的だし良いことだらけだね」と、感想をつづっている。

保温弁当箱は前年比2倍の売り上げ

   弁当持参者の増加を反映して、弁当箱の売り上げも大きく伸びている。ロフトによれば、保温弁当箱(ランチジャー)は前年比2倍、保温水筒も前年比1.6倍の売り上げだ。弁当箱の購入者は女性が多いが、1番売れているものは男性向け商品の「象印保温弁当(SZ-EC04XA)」。「お弁当をつくる奥様がご主人へ寒い冬は『せめてお昼は、あったかいお弁当を』と考えているのでは」とロフトの広報担当者はいうが、男性自らが買いに来るケースもあるようだ。

   実際、男性が料理をすることは多くなった。男性向けの料理教室も開催され、07年ごろから話題だ。全国で料理教室を運営するABCクッキングスタジオでは07年2月から、男性を対象にしたコースを都内の2教室ではじめた。現在ではおよそ300人の生徒が在籍し、世代を問わずにぎわう。1日だけ参加できる「1dayレッスン」にも、男性が目に付くようになったそうだ。

   広報の西沢貞子さんは、共働きや節約志向がきっかけで、男性も「食」への興味が増しているのでは、と指摘する。「弁当男子」が増えていることについては、次のように話す。

「一人暮らしや共働きで自炊している男性は多かったが、堅実派が増えて、弁当持参になったのかもしれませんね。いずれにしろ、料理好きな男性は増えていると思います。凝り性な方が多く、一度やると、はまるみたいです」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中