米投資ファンドのスティール、サッポロHDの株式買い増し断念

印刷

   ビール・飲料大手のサッポロホールディングスは、米投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド(SPJSF)が提案していた株式の買い付けについて、スティール社がこれを撤回したと、2009年2月17日に発表した。

   サッポロHDによると、SPJSFから受領した書簡には一方的な経営陣への批判や、事実と異なる内容や誤解を招きかねない内容の記載もあり、「大変遺憾」としている。必要に応じて説明したいとの考えも示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中