サエコが手がけるブランド服 「他のメーカーそっくり」の指摘

印刷

   元タレントのサエコさん(22)が手がけるブランド服が、他メーカーの洋服によく似ていると話題になっている。もちろん、トレンドの影響でたまたま似た可能性はある。が、父親経営のアパレル会社を通じサイト上で現在40点ほど販売しながら、過去のものも含めて6点ほどに指摘が出ているのだ。

渋谷109系「セシルマクビー」と類似点

セシルと似ているとされたペピィキティのコート
セシルと似ているとされたペピィキティのコート

   よく見れば違いはあるものの、一見すれば同じ商品にも見える。

   サエコさんのブランド「ペピィキティ(Pepii.Kitty)」がサイト上で販売するスプリングボーダーコート。これを若い女性に人気のブランド「セシルマクビー(CECIL McBEE.)」の商品と比べて、「そっくり」との指摘がネット上で出ている。確かに、黒の横縞柄のデザイン、そして、綿65%、ポリエステル35%の素材といった点は同じだ。

   セシルマクビーと言えば、渋谷109系のトップブランドとして知られ、歌手の浜崎あゆみさんがよく着用している。サエコさんも、好んで着ていたとみられ、ネット上でもその写真が紹介されて話題だ。

   サエコさんのペピィキティは、2008年11月26日に公式サイトを立ち上げた。自らは、ディレクターとの立場だ。プロ野球・ダルビッシュ有投手との間に子どもが生まれ、タレント活動を休止した時期に当たる。

   商品は、宮崎市内で父親が経営するアパレル会社を通じて、販売している。サイト上では現在、コートやワンピース、ベビー服など41点がアップされている。

   セシルと似ているとの指摘は、計4点ほどである。

   ミニワンピースは、そのダルメシアン柄のデザインと、ポリエステル100%の素材がほぼ同じだ。このほか、もうサイト上にはないが、装飾の付いたチェック柄のバッグ、サエコさんのブログ表紙にも使われているダルメシアン柄の帽子でも、「そっくり」との指摘が出ている。

セシル側「必要があれば申し入れをしたい」

   セシルマクビーを展開するジャパンイマジネーションでは、J-CASTニュースの取材に対し、こう話す。

「似ているとの情報は初めて聞きました。社内で調査したうえで、必要があれば先方に申し入れをしたいと考えています」

   しかし、本当に似ているかどうか、実際に申し入れるかどうかについては、「コメントを差し控えたい」としている。

   セシルでは、こうした類似商品の情報はたびたびあるといい、そのたびに営業妨害だとして抗議を申し入れている。サエコさんのペピィキティは、楽天などの大手通販サイトで売り出しておらず、市場に多く出回っていなかったとみられることから、情報が入らなかったという。

   サエコさんの商品は、セシルの似た商品に比べて、割引分も考慮するとやや高額となっている。コートでは、セシルが1万2600円のところ、1万5750円だ。この点については、「生産能力が低いと、単価が上がるためでは」とみている。

   ペピィキティの「そっくり商品」は、ほかのブランドでも指摘されている。JILL STUARTのサロペット、blondyのスカートだ。セシルと合わせれば、少なくとも6点ほどはあることになる。

   J-CASTニュースでは2009年2月17日午後、サエコさんや、父親が社長をするアパレル会社に取材を申し込み、18日午前に従業員が「社長に連絡したところ、『分かった』と聞きました」と応対した。しかし、まだ返答が来ていない。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中