週刊新潮VS文春「全面戦争」 朝日襲撃「実行犯」記事めぐり

印刷

   週刊新潮は09年2月26日号で、朝日新聞の記者2人が死傷した「朝日新聞阪神支局襲撃事件」(1987年)の「実行犯」を名乗る男性の「実名告白手記」第4回を「最終回」として掲載した。この中で新潮は、男性の「元妻」のコメントを掲載、記事の信憑性に疑問を呈した週刊文春に対して反撃し、「元妻」に「謝罪料」を払っていたなどと暴露した。

「間違っている点が多々ある」と指摘

   この「実名告白手記」は、週刊新潮09年2月5日号から島村征憲氏(65)が全4回にわたり、襲撃の「実行」を告白しているもの。この手記に対し週刊文春は2週にわたり反論記事を掲載。09年2月19日号では、島村氏の「元妻」が同氏について、「あの人がこんな事件をできるわけがない」とし、「刑務所を行ったり来たりの生活で、本当に犯人なら警察が捕まえているはず」と証言していた。

   しかし、週刊新潮の第4回手記では、週刊文春の記事に対して真っ向から反論している。これによると、島村氏の「元妻」は文春への証言に「記憶違い」があったとして「コメントを使わないように申し入れた」という。だが、証言は掲載され、文春に「抗議」したところ、「担当記者が謝罪」し、「『謝罪料』まで支払った」というのである。また、「島村の親族」とされる人物も登場し、「文春には約束を破られただけでなく、記事には間違っている点がたくさんあります」と指摘している。

文春は「ただちに訂正並びに謝罪を求める」

   この記事を受けて、週刊文春はどのように考えているのだろうか。

   J-CASTニュースは「週刊文春」編集部に「謝罪料」支払いの有無、新潮の指摘した「間違っている点」、手記に対する「反論記事」検討の有無の3点について取材を申し入れたところ、同誌編集部からは、

「『週刊新潮』の記事は、小誌への取材も一切なく書かれた悪質なもの。『週刊新潮』に対して、ただちに訂正並びに謝罪を求める。法的対応も辞さない」

とのコメントが返ってきた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中