はっぴいえんどCD販売中止 「音楽に罪はない」と疑問の声

印刷

   伝説のバンド「はっぴいえんど」の元メンバー逮捕によるCD販売中止に、批判が上がっている。メンバーによる犯罪と音楽とは別だ、などというものだ。さらに、編曲や楽器演奏だけのCDと、どこで線引きするのか、との疑問も出ている。

レコード会社「事件の重大性や社会的影響」

   バンド名を聞いて、当時の新鮮な驚きを思い出した人は多いだろう。

   大麻所持の現行犯で2009年2月17日に警視庁に逮捕されたミュージシャン鈴木茂容疑者(57)は、1970年代初めに一世を風靡した「はっぴいえんど」のギタリストだった。この伝説的バンドは、英語でしか表現が難しいとされたロックを日本語でやってのけ、当時の音楽界に大きな衝撃を与えた。

   70年のデビューアルバム「はっぴいえんど」に続き、名盤とされる「風街ろまん」など計3作を次々にリリース。72年に解散したものの、同作内の曲「風をあつめて」は08年にビールのCMにも起用されている。

   当時のメンバーは、後にJポップの世界で大物になった。YMOとして活躍した細野晴臣さん(61)、ミリオンセラーアルバムを出した大瀧詠一さん(60)、作詞家として売り上げ2位を誇る松本隆さん(59)だ。

   鈴木容疑者は、解散後に細野さんらとの音楽ユニットなどで活躍。現在は、編曲やバックギタリストなどの活動をしている。ところが、突然、大麻で逮捕され、18日になって、「はっぴいえんど」時代などのCDが次々に販売中止になった。

   ポニーキャニオンでは、「はっぴいえんど」「風街ろまん」の2作を18日に再発売したが、昼過ぎから急きょ出荷停止に。ライブ盤発売予定やネット上での音楽配信も中止した。また、キングレコードが3作目の「HAPPY END」など関連するアルバム4枚を、日本クラウンが鈴木容疑者の関わる14枚を、それぞれ販売中止した。

   その理由について、各社とも、ホームページ上などで、世間を騒がせた事件の重大性や社会的影響を考慮して決めたと説明している。

編曲や楽器演奏だけの場合と線引きできる?

   ところが、ネット上では、伝説的バンドの名盤まで販売中止にしたことについて、反発する声が広がっている。

   2ちゃんねるやはてなブックマークには、「過剰反応だな」「作品や楽曲には罪は無いんだよ!」「これはおかしくね?新曲ならまだわかるけど」といった書き込みが相次いでいる。

   音楽プロデューサーの小室哲哉さんが2008年11月4日に逮捕されたときも、今回と同様な理由で、レコード会社がCDの販売を次々に中止。ファンらから「やり過ぎだろ」といった声が上がっていた。なぜ、犯罪があるとこうした対応を取るのか。

   ポニーキャニオンでは、「社内で協議した結果で、ホームページで書かせていただいたことがすべてです。音楽の歴史的価値は重々分かっており、残念な思いはありますが、刑事事件になりましたので致し方ないと思っています」と話す。また、キングレコードでは、「過剰反応ということではなく、世間をお騒がせした状況を考慮したということです」と説明。日本クラウンでは、理由を含めて、「特別にお答えすることはありません」としている。

   一方、鈴木茂容疑者は、他のミュージシャンのCDに、編曲者やバックギタリストとして参加している。ネット上では、販売中止の線引きをどうするのかについても、疑問の声が出ているのだ。実際、水谷豊さんの曲「カリフォルニア・コネクション」は、鈴木容疑者が編曲しているが、それが収録されたアルバム「ゴールデン・ベスト」は販売中止されていない。

   ポニーキャニオンでは、編曲などの場合は、販売中止するまでもないとの考えだ。「アーティスト本人ではなく、スタッフということになりますから。ちょっと意味合いが違うと思います」と説明する。キングレコードでも、「販売中止するのは、アーティストとして表に立っている作品です」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中