「百貨店でも値引きアリ」 森永卓郎発言は本当か

印刷

   獨協大学教授で経済評論家の森永卓郎さんがテレビ番組に出演し、「お得」な買い物の仕方を伝授した。家電量販店で買い物をする場合は、閉店間際に行くと大幅な値引きが期待できる、などだが、なんとデパート(百貨店)でも、「まけて」というと値引きする場合があるというのだ。ほんとにデパートは値引きしてくれるのだろうか。

店員に「まけて」と言えばいい?

   森永さんが出演したのは深夜のTBS系情報番組「ざっくり」(2009年3月2日放送)。番組で引っ越しを取り上げ、引っ越し代や、家賃が安くなる時期はいつなのかを紹介した後、司会の「ゆうこりん」こと小倉優子さんが森永さんに、

「引っ越し以外に時期によってお得なものはあるのですか?」

と聞くと、森永さんはまず、家電量販店で安く買えるコツを紹介した。

   家電量販店は店ごとに売上げノルマがあり、その目標を達成するため「思い切った安値で売る」ことがあるという。狙い目は年度末、月末、閉店前なのだそうだ。特に閉店1時間程前に行き、「いくらまで下がるの?」と聞くといいという。表示されている価格が開店した時と同じであっても、実際には値引きのGO!サインが出ている場合があり「どんどん下がっている」可能性があるらしい。そして、

「場合によってはデパートでも下がりますよ」

と発言。デパートは値引きしない、と信じていたと思われるゆうこりんは驚き、

「誰に言うんですか?なんて言うんですか?」

と質問。森永さんは店員に「まけて」と言えばいいと答えた。

阪急梅田本店も「値引きの話しは聞いたことがない」

   ゆうこりんに限らず、デパートが値引きする、ということに驚いた人も多いはず。それは本当なのか。J-CASTニュースが三越日本橋本店に問い合わせてみたところ、同店広報は、

「値引きには応じていません。昔から百貨店はそういう商売のやりかたです。値引き交渉した人としなかった人に、値段の差が生まれるのは好ましくありません」

ということだった。西武百貨店池袋本店も「定価販売で、同じ価格でお買い頂くのが基本です」。阪急百貨店梅田本店も「値引きするという話しは聞いたことがない」ということだった。百貨店のカード会員に対する「優待」値引きはあるが、交渉では下がらないというのだ。

   J-CASTニュースが森永さんに対し、デパートの値引き交渉はどんな場合に可能なのかどうか聞いてみたところ、全てのデパートが値引きしてくれるわけではないが、まず、「まけて」と言ってみるのが交渉のスタートだとし、

「高額なものと低価格のものほど値引きの可能性があります。高額なものは何十万円もするもの。また、食品売り場などは閉店前には安くなっていますよね」

と説明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中