「小沢君、どこ行ってもうたんや」 求人広告のパロディが話題

印刷

   「小沢君、どこ行ってもうたんや…」。この、どこかで聞いたことのあるフレーズが、インターネット・サイトの「はてな」に掲載されて話題になっている。登場する「小沢君」は、政治資金規正法違反の容疑で公設第1秘書が逮捕された民主党の小沢一郎代表。できの悪い社員のダメぶりを綴った求人広告のパロディだが、「これはすごい」「改変ネタではトップクラスの完成度」と、感嘆の声が上がっている。

元ネタを思わせる「小沢君」のダメぶり

「じつにうまいね。キャッチーだね」
「これはすごい!改変コピペ史上に残る秀逸さ」
「オチがいけている。この国じゃなくてあの国の将来かぁ!」

   「はてな匿名ダイアリー」の2009年3月4日の最新人気記事のトップに掲載されている「小沢君、どこ行ってもうたんや…」に賞賛の嵐が沸き起こっている。ブックマークの数は550件に上る。

   元ネタは、「原君、どこ行ってしもうたんや――」ではじまる、兵庫県伊丹市の中小企業、加藤電機製作所の求人広告。取引先の社長から頼まれて採用したものの、仕事をまったくせず、どこに行ったかもわからない日々を送る「原君」を、加藤社長はクビにしたいが、次に雇ってくれるところがないだろうと我慢して使っているという内容。年1回の社員旅行では「宴会部長」として活躍していると、さりげなくフォローもしていて、これが求職者の共感を得て人気に。おかげで求人応募が殺到した。

   「はてな匿名ダイアリー」の記事中の「小沢君」も、

「全然仕事をしません」
「選挙応援に出たらいつまでたっても本会議に戻ってこない」
「60を過ぎる彼を首にしてしまったら、次に雇ってくれるところはないんじゃないかと思って、我慢しています」

と、元ネタの「原君」を思わせるダメぶりが綴られている。

「実は選挙を任せたらピカイチ…」とフォロー

   しかし、ふだんはダメな「小沢君」も「実は選挙を任せたらピカイチ」と、持ち上げるところも元ネタに忠実。ただ、総選挙が間近に迫るなかで、記事では「小沢君よりも仕事ができれば御の字」とリクルートも呼びかけていて、民主党の人材の薄さをにおわしてもいるようだ。

   3月3日に公設第1秘書が逮捕されてから公の場に姿を消していた小沢代表は、4日朝の記者会見に現れ、「政治的にも法律的にも不当な国家権力、検察権力の行使だ」と、痛烈な検察批判を展開。献金の違法性も自らの代表辞任も否定した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中