小沢秘書「ゼネコンを統率」 角栄時代と変わっていないのか

印刷

   違法献金事件で、民主党・小沢一郎代表の秘書がゼネコンを統率し、公共工事受注に強い影響を与えていたのではないかと報じられている。中には、ゼネコン汚職時期の腐れ縁が今も続いていると指摘する新聞もある。田中角栄時代にクローズアップされた政治家と企業の利権構造は、変わっていないのか。

業界に影響力ある秘書、羽振りよかった?

「最近、盛岡で派手に飲んでいると聞いていましたよ。なんで、そんなにお金があるのかなと思っていました」

   政治資金規正法違反の疑いで2009年3月3日に逮捕された公設第一秘書の大久保隆規容疑者(47)。その岩手県釜石市議時代を知るある市議は、こう明かす。この市議によると、大久保容疑者が建設業界に影響力を持っていることはうわさで耳に入っていた。羽振りのよさは、そのことも関係があるのではないかということだ。

   その「影響力」について、朝日新聞は、3月4日付記事で、ゼネコンの極秘資料などから具体的な話が分かってきたと報じた。それによると、大久保容疑者は、「小沢王国の番頭」「側近中の側近」として、主に東北地方の公共工事について、ゼネコン側の依頼を受けて根回しをしていた。

   記事では、「営業所長は大久保氏を通じて今年度中にゼネコンのしかるべきトップと支店長で直接小沢党首に面談し『お願い』をすること」(極秘資料から)、「秋田、青森を含め北東北3県の大規模公共工事の受注は、小沢事務所関係者の意向で左右されると、ゼネコン側はみていた」(ゼネコン関係者の証言)などと具体的な根回しの内容を紹介している。

   前出の釜石市議も、こんな小沢事務所の剛腕ぶりを明かしている。

「特定の業者は、小沢さんのおかげで仕事をもらっています。例えば、三陸自動車道は、小沢さん支援の企業が受注していますからね。逆に言えば、追い出された不満の業者もいっぱいいるということですよ。今回の逮捕について、業界では、『歓迎』『残念』それぞれの反応があるでしょう。仕事にあぶれていた業者は、手を叩いて喜んでいると思いますよ」

小沢代表「便宜を供与した事実はあり得ない」

   今回の事件でも、業者から大久保隆規容疑者らに働きかけがあったと新聞やNHKが報じている。東京地検特捜部の調べで、西松建設が公共工事の受注が有利になるように期待して、小沢一郎代表の団体に献金していた疑いがあるというのだ。

   小沢代表は、自民党時代には、若くして幹事長も務め、「田中角栄の秘蔵っ子」、「竹下派七奉行の一人」などと呼ばれた。角栄や竹下派と言えば、汚職事件があるたびに、公共事業とのかかわりを何度も指摘されている。小沢代表の事件との関わりはまだ不明だが、角栄時代からの政治家と企業の利権構造がまだ残っているのだろうか。

   読売新聞は、4日のコラム「よみうり寸評」で、西松建設元幹部の証言として、1993~4年のゼネコン汚職がこの事件にも影響していると指摘した。この元幹部は、事件について、「金丸信・元自民党副総裁とのつきあいの延長線上にあった。腐れ縁だ」と語ったというのだ。そして、「当時の厳しい批判もあって今回は企業名を隠すのに手の込んだ工夫をした」としている。

   小沢代表は、4日の会見で、「献金に対して私や秘書が便宜を供与した事実はあり得ない」と反論している。さらに、J-CASTニュースでは4日午後、大久保容疑者の影響力や角栄時代からの利権構造について聞こうと、事務所サイドに取材を申し込んだ。しかし、小沢代表の地元事務所は、電話をかけても留守電になるばかり。東京の国会事務所では、「私どもの秘書は不在で、連絡を取ってみます。このような状況なので、地元がどうなっているかは把握しかねます」と言う。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中