覚せい剤プラス「出会い」 「キメ友」サイトで行われていること

印刷

   覚せい剤仲間をインターネットの隠語で「キメ友」と呼ぶ。そんな「キメ友」を探す出会い系サイトの管理者が2009年3月5日に麻薬特例法違反ほう助の疑いで逮捕された。薬物関連のサイトの管理者が摘発されたのは全国で初めてだというが、パソコンやケータイで検索すれば、「キメ友」の募集サイトがたくさん見つかる。そこではいったいどんなやり取りが行われているのだろうか。

薬物を対価に援助交際も

   今回摘発されたのは埼玉県の無職の女性(34)。08年3月に広告料で稼ぐことを目的に開設。08年11月から09年2月まで約11万件のアクセスがあったという。覚せい剤の譲渡や、使用などをあおったとして摘発された。

   摘発のきっかけは、08年10月に覚せい剤取締法違反で逮捕された千葉県の女性が、このサイトを使って入手したと自供したため。その時の掲示板には「2種類あり。量もたくさんありますので、一緒に無理ない楽しい時間を過ごしませんか?」という千葉県の会社役員の男の書き込みがあり、それに応じたのだそうだ。

   こうした「キメ友」募集サイトを介した覚せい剤取締法違反の事件は07年から目立つようになった。

「女子高校生(16)に覚せい剤を打ち、18歳未満と知りながらわいせつな行為をした疑い。少女とは、『キメ友』という隠語を使い、薬物を対価に援助交際をする出会い系サイトで知り合った」(朝日新聞07年1月12日)

   08年4月に起きた東京江戸川区の19歳女性の行方不明事件でも、逮捕された男性容疑者が「キメ友」サイトを利用。産経新聞は08年4月18日に

「容疑者は隠語を使い、出会い系サイトの掲示板で覚醒剤を一緒に打つ女性を募っていたことも判明。警視庁捜査一課は、容疑者が薬物に興味を持つ女性を誘い出し、連れ回しを繰り返していた可能性もある」

と書いている。

「スッゴい高純度の奴食べさせてあげる」

   「キメ友」のサイトをパソコンやケータイで検索すると、かなりの数がヒットする。掲示板形式になっているものが殆どで、そこには、

「当方、大阪。あります。詳細はメールにて。捨てアドなので早めに連絡ください」
「キメキメしたいな オヂサンと一緒にキメキメしたいでちゅ キメキメパコパコポイポイしましょう!!!!!!」
「今年初キメしたいので、常識ある♀良かったらメールください。スッゴい高純度の奴食べさせてあげる」

など、怪しいカキコミがされている。カキコミの後にメールアドレスが付いているのが特徴だ。「キメ友」サイトにはクリック広告が付いているが、その広告は出会い系サイトのものが目立って多い。そのためなのか、

「出会い率を高めるため、キメ友にこだわりすぎず、従来の出会い系にも照準を」

などと、広告に誘導するような説明を付けているサイトもある。

   千葉県警はJ-CASTニュースに対し、これまではサイトを利用して麻薬を密売した会社や個人の摘発をしてきたが、ようやくサイトの管理者にまで捜査の手を広げることができた、とし、

「キメ友サイトはおびただしい数が存在している。今回の検挙はその撲滅へのスタートであり、戦いはこれからです」

と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中