「加護ちゃん」写真集1週間で完売 根強い人気の秘密

印刷

   元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依さん(21)が大胆なセミヌードを披露した写真集が発売から1週間で完売した。関連DVDも売れて「シリーズ最高」となりそうだという。加護さんと言えば、未成年で喫煙したり、リストカットを告白したり、最近は不倫騒動が報じられるなど、何かとお騒がせのタレント。にもかかわらず、人気を呼んでいる理由は何なのだろうか。

売れすぎて、異例の「補足版」を販売

   2009年1月23日に発売された写真集「月刊 加護亜依」(新潮社)が1週間で完売した。ベッドに横たわりセミヌードを披露するなど、「モー娘。」時代とはまったく違った「大人」の表情が楽しめる内容だ。

   同シリーズには女優の永作博美さんや、篠原涼子さんも過去に登場している。通常、初版は3万部だが、加護さんの場合、前評判が良かったことから、4万部を用意。にもかかわらず、「買いそびれた」という人も多く、増刷の要望が殺到した。

   増刷しないと決めていたため、急きょ、異例の補足版「月刊 加護亜依 SUPER REMIX」を3月5日に発売したところ、1週間で1万7500部売れた。過激すぎるとボツになった写真も盛り込まれた。

   「月刊 加護亜依」と連動した、同名のDVD(販売元イーネット・フロンティア)も売れている。2月20日の発売から1週間で3500枚が売れ、3月2日付オリコンDVDランキング、アイドル・イメージ部門で1位を獲得した。加護さんが女優に扮したオリジナルのショートムービー「マリオネット」や、写真集撮影時のメイキング&オフショット映像が収録されている。

   イーネット・フロンティアの担当者は、

「今でも売れ続け、5000枚はいっています。このままの勢いなら、シリーズ最高を記録することは間違いない」

と期待を語る。

   同日から、ローソンで限定発売しているDVD「密着 加護亜依」も、「5000枚売れた」(担当者)。こちらは写真集のメイキング映像が主で、両方買っていく人もいるようだ。

「購入者はモーニング娘。時代からの固定ファンが大多数を占めていると思います。土台ができていたので売りやすかったです。モー娘。のDVDは万単位で売れますからね」

キャラクターに引きつけるものがあって協力者、応援者が多い

   加護さんは、アイドルグループ「モーニング娘。」に2000年に最年少で加入。卒業後も辻希美さんとともに新ユニットを結成し、人気を集めた。ところが06年2月、当時未成年だった加護さんは週刊誌「FRIDAY」にレストランでたばこを吸っていたと報じられ、所属事務所から謹慎処分を言い渡される。復帰が待ち望まれたが、07年3月に再度、「週刊現代」に喫煙が報じられた。事務所が本人に確認したところ事実であることがわかり、解雇される。

   芸能界を引退するのではないか、とも言われたが、08年4月に携帯サイトのインタビューに応じ、1年ぶりに姿を見せた。事務所を解雇された直後に「リストカット」をしたことを告白するなど、アイドルらしからぬ言動が話題を呼ぶ。最近は、俳優の水元秀二郎さん(33)との不倫疑惑も浮上するなど、お騒がせぶりは復帰後も変わらないようだ。

   にもかかわらず、人気を集めている理由について、新潮社の関係者は、

「タレント本人が、どんなにがんばっても、事務所や関係者の協力がなければ、仕事には結びつきません。加護さんの場合、キャラクター(人間性)に引きつけるものがあるようで、協力者や応援者が多いんです」

と明かす。

   09年4月には加護さんが出演している香港映画「カンフーシェフ」が公開される。それに向けてインタビューも目白押しだ。

「立て続けに露出するのはよくない、という事務所の意向から、(映画のPR以外は)少し控えるようです。公開後に、(加護さんの)新しい企画がいろいろ出てくると思われます」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中