カーネル像の眼鏡投げ込まれた 85年当時と同型「1つだけ残っていた」

印刷

   福井県鯖江市は2009年3月12日、同県眼鏡協会と協力して、24年ぶりに大阪・道頓堀川から引き上げられたカーネル・サンダース像に、新しい眼鏡を贈ることを決めた。像の持ち主である日本ケンタッキー・フライド・チキン社も「できればかけてあげたい」と前向きに検討している。

「眼鏡」は依然として行方不明のまま

85年当時と「同型」のものが贈られる
85年当時と「同型」のものが贈られる

   阪神タイガースが1985年にリーグ優勝した際、興奮したファンに道頓堀川に投げ込まれ、行方が分からなくなっていたカーネル像が、3月10日から11日にかけて上半身、下半身と相次いで発見された。24年ぶりの生還に日本中が沸いたが、カーネル像には欠かせない「眼鏡」は依然として行方不明のままだった。

「眼鏡をかけないと見えないわけですから、話題にもなるし、贈呈を決めました」

と同協会の担当者は語る。贈られるのは、ケンタッキーが日本に進出した70年代初頭から、3~4年前に中国産に取って代わられるまで、長年カーネル像の眼鏡を製造してきた同市サンホープ社のもの。既に製造を中止していたものの、川に投げ込まれた85年当時と同型のものが1つだけ残っていた。

   鯖江市は日本一のメガネ枠産地。国産メガネ枠の9割以上を生産しており、08年、米大統領選で、共和党の副大統領候補だったサラ・ペイリンアラスカ州知事が同市産の眼鏡を着用していることが話題になった。今回、市はカーネル像に眼鏡を贈呈することで地域産業の振興に一役かう事にした。

KFC社「できればかけてあげたい」

   日本ケンタッキー・フライド・チキンによると、全国1150店舗のうち、7~8割にカーネル像が設置されており、いずれも度入りのレンズを使用した本物の老眼鏡を着用している。今回、新しい眼鏡が贈られることに関し、同社広報室は、

「まだサンダース像自体がこちらに来ていないので、実際に使用するかはこれから検討します。できればかけてあげたいですね。24年ぶりによく見えるようになって、カーネル像も嬉しいでしょうね」

と話している。同様の「眼鏡を贈呈したい」という要望は、鯖江市以外のメーカーや個人からも数件来ているとのことだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中