三谷たくみさんの「萌えパワー」で 「だんご三兄弟」抜くヒット誕生?

印刷

   NHKの「お母さんといっしょ」から生まれたヒット曲は多いが、CDを300万以上枚売り上げた「だんご三兄弟」を抜くのでは、と噂されているのが2009年3月18日発売のCD「ドンスカパンパンおうえんだん」だ。世界不況、暗い世相の中、「頑張っている大人達への応援歌」とも受け取られているが、どうやら、人気の背景に、最近「萌えキャラ」としてネットで注目されている「歌のお姉さん」、三谷たくみさんの存在もあるようだ。

「アマゾン」の「テレビの歌」ランキングで1位

   この曲は元気でノリのいいメロディーに、こんな歌詞が付いている。

「ぼくらはどんすかおうえんだん なんでもかんでも おうえんだ!!おててをたたいて パンパンパン!!げんきをあげよう パンパンパンパン パンパンパン!!」

   歌っているのは「歌のお兄さん」横山だいすけさんと、「お姉さん」の三谷たくみさん。NHK「おかあさんといっしょ」の2009年「1月のうた」だった。NHK広報によれば、放送直後から人気が爆発。1月で終了するはずだったが、視聴者から「続けて歌って欲しい」「今度はいつ歌うのか?」などの要望が相次ぎ、3月に入った現在も引き続き番組で歌われている。

   CDの発売は09年3月18日だが注文が相次いでいる。ネット通販「アマゾン」の09年3月13日付けの音楽CDシングル売上げランキングを見ると、「テレビの歌」部門で1位。「キッズ・ファミリー」部門では2位。楽天の「CD 総合 ベストセラーランキング」では16位と急上昇している。発売元のポニーキャニオンによると、注文しているのは子供達やその両親だけに限らないのだそうだ。不況の影響で世の全般に元気が不足ぎみなこともあって、

「ガンバレ!と応援している歌が、頑張っている大人達へのメッセージとして受け止められているからかもしれません」

と説明している。

ネットでは「萌えキャラ」としてかなりの人気者

   実は「歌のお姉さん」の三谷さん、ネットでは、歌もさることながら、「萌えキャラ」としてかなりの人気者なのだ。掲示板やブログを検索するとその人気ぶりが伺える。SNS「ミクシィ」には三谷さんのコミュがあり現在1467人が参加。そこには「萌え」の掲示板もあり、それ以外の掲示板の書き込みも「萌え」で溢れている。

「毎朝、萌え萌えでとけてます。あんな人におはようございますって言われたら」
「1児の母親ですが、女からみても たくみお姉さんはかなり萌えです」
「たくみお姉さんを選んだヤツ偉い。それでこそ受信料の払い概いもあるってもんや」

   また、三谷さんが登場するビデオや、CDの情報交換なども行われている。

   三谷さんは08年4月から20代目の「歌のお姉さん」に抜擢された。それまでテレビ出演や芸能活動の経験はなく、選ばれた当時は音楽大学の声楽科に在籍していた。番組では溌剌と子供達といっしょに歌や踊りを披露。穏やかで可愛らしい表情がうけ、ネットではすぐさま、どこの大学生なのか割り出され、三谷さんが出演する大学のコンサート情報なども流された。こうした人気にNHK広報は、

「親御さんはもちろん、大人の方も応援してくれるのは嬉しいことです」

と話している。今回発売されるCDが「だんご三兄弟」のヒットと比較されていることについては、あくまでNHKはヒットを狙って曲を作っているのではなく、長く歌い継がれる良い曲を出そうというのが基本、としたうえで、

「だんご三兄弟も1月の歌でしたが、2月、3月で社会現象になりましたから、あれは特別なことです。今度の曲も人気は高いのですが、あれほどになるというのは、どうでしょうか」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中