中川前財務相、バチカン美術館での騒動を否定

印刷

   中川昭一前財務・金融担当相が、大臣辞任後テレビ初出演し、イタリアでの「もうろう会見」後にバチカン博物館を訪れた際、立ち入り禁止区域に入り、美術品に触るなどして警報機が鳴った、という報道を否定した。中川前大臣が出演したのは朝日ニュースターが2009年3月14日に放映したCS番組「政治学原論」。中川前大臣は「報道は事実と違う」とし、警報機も鳴ならかったし、注意もされなかった。お酒のにおいもなかったと確認している、などと話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中