「命の尊さがわかってきた」死刑囚ブログ ネット上で死刑制度の議論白熱

印刷

   「死を確実なものとして考えるようになって初めて、命の尊さがわかってきた思いがする」。ある死刑囚がつづっているブログが話題になっている。拘置所での生活や自らの心中を明かす内容に、ネットでは死刑制度の是非を含めた議論が巻き起こっている。

「欲望のままに生きてきた自分の人生は、面白かった」

   タイトルは「死刑囚獄中ブログ」。死刑囚の名は小田島鉄男死刑囚(65)。マブチモーター社長宅殺人放火事件(2002年)で社長の妻(当時64)と長女(当時40)を絞殺するなど4人を殺害し、07年11月1日に死刑が確定している。ブログの開設は死刑確定から約1ヶ月さかのぼる07年10月9日で、ノンフィクション作家の斉藤充功氏(67)が、「私が小田島に興味を持った理由」として、こうつづっている。

「私と同世代の男の犯罪の原点が、何処に隠されているのか真実を知りたかったからである」

   ブログには、小田島死刑囚の手紙を、斉藤氏が本人の了承を得た上で掲載しているという。

   控訴を取り下げ、死刑が確定した日のブログ(公開は08年1月10日)には、

「死刑確定する事で、自分の生き様を見つめ直す時間が訪れると思っています」

とし、その後現在まで、

「絶対に取り返しのつかない罪を犯してしまったが、悔やむことも、反省することも、決して忘れずに胸に刻み込み罪の責任を背負うことも、そして死ぬことも、できる」
「死刑囚の身を自省せずに、不遜だと非難されるのは承知のうえで私は、執行される直前に欲望のままに生きてきた自分の人生は、面白かった、面白かったと思って死にたいと思う」

などと、複雑な心情を吐露している。

記事へのコメントは100件を超えた

   この「懺悔」とも「開き直り」とも取れる内容に、ネット上では議論が白熱している。ブログの最新記事(09年3月18日)へのコメントは100件を超えた。

「裁判官が更正の余地がない。と判断せざる得ない原因があっての事で当然の結果」

と、早期執行を求める声、被害者感情を優先すべきだとの声がある一方、

「生きて償え、と思います。そのために税金を使われても何ら文句はありません」
「国家が人を殺しているのでは殺しと同等ではないのか」

といった死刑制度に反対する意見も目立つ。

   一方、巨大掲示板「2ちゃんねる」では、

「この程度の反省なんか、浮かんでは消える泡のような感覚」
「(改心しても)遺族にとっては憎しみが減るわけじゃなし、殺された者が帰ってくるわけでもない」

と、こちらでは厳しい意見が大勢だ。

   ライブドアが行っている「死刑制度、あなたは必要だと思いますか」というアンケートには、4500を超える回答があり、88%が「必要」と答えている。その一方で、ライブドアが08年4月に行った「裁判員に選ばれたら死刑判決を下せますか?」という世論調査では、「下せる」という回答は67%にとどまっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中