出店ラッシュで新・牛丼戦争 すき家200店吉野家100店

印刷

   不況下にもかかわらず、大手牛丼チェーンは出店ラッシュになりそうだ。節約志向で売り上げが好調だからだ。とりわけ吉野家とすき家は2009年度に店舗数を一気に増やすという強気の戦略に乗り出した。シェア(市場占有率)確保を狙い、牛丼戦争は激しくなるばかりだ。

テナント料が低く抑えられるのも影響

   牛丼チェーン吉野家を展開する吉野家ホールディングスは2009年度、08年度の2割増にあたる、およそ100店舗の出店を予定している。吉野家は2月末現在、全国に1102の店舗がある。吉野家ホールディングス広報部は、

「都市部や郊外に限らずに出店余地はある。投資効率が見込める地域で積極的に出店する。また、このような経済状況の中で資産価値も落ち、テナント料が低く抑えられるという見込みもある。私たちにとってはチャンスだと思っている」

と意気込む。

   一方、松屋フーズも2008年度の35店舗以上の出店を目指したい考えだ。2月末現在745店舗がある。広報IRグループでは、「24時間営業のため、大都市圏を中心としたいい立地条件があれば、積極的に出店したいと考えている」と話している。

   松屋は「牛めし・豚めし」「カレー」「定食」が3本柱。定食ではメニューを随時入れ替えるなど工夫を凝らしている。3月には新メニューとして、「味噌てりチキン定食」(580円)、「豚テキ定食」(680円)が加わった。

   さらに、ゼンショーが経営する、すき家は昨年度と同数の200店舗の出店を計画している。すき家の店舗数は09年2月現在1191店で、立地は郊外が中心だ。すき家は08年9月に、吉野家の店舗数を抜き、牛丼チェーン店は国内最多となったことが話題になった。広報室は「お客さまの要望に応えて、全国で出店したい」と話す。すき家は丼ぶりメニューの豊富さが特徴で、豚とろ角煮丼(450円)や五目あんかけ丼(430円)、まぐろたたき丼(480円)などがある。

シェア拡大のための出店ラッシュ?

   牛丼チェーン店の場合、吉野家全店では、08年10月~09年3月の下半期売上高は、前年比6.0%増、客数も5.6%増と好調だった。松屋の下期全店売上高は前年比1.8%増、既存店の客数は4.3%減。すき家の下期全店売上高は15.0%増、既存店の客数は増減なしだった。

   日本フードサービス協会が09年2月25日に発表した「1月の外食産業市場動向」によると、ファミリーレストランの売上高は前年比5.5%減、客数5.3%減と、ファーストフードとは対照的だった。同協会の担当者は、やや割高な価格設定のファミレスが苦戦したのには、昨今の節約志向が反映しているものと見ている。

   また、牛丼チェーン店の出店ラッシュについては、

「外食産業のうちファーストフード店はもともと、スクラップアンドビルドが多い業界だ。そうした中で、出店を増やし、シェア拡大を目指しているのではないか」

と話している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中