認知症の一種ピック病説まで出る 高橋教授・窃盗事件の「不可解」

印刷

   元財務官僚で小泉政権のブレーンとしても知られた、東洋大学教授の高橋洋一容疑者が、温泉施設から腕時計などを盗んだとして書類送検されていたことがわかった。ただ、今回のような窃盗容疑では逮捕されるのが普通で、しかも犯行から1週間近くも新聞報道されなかったなど、不可解な点も多い。このことが、様々な憶測を呼んでいるようなのだ、

「霞ヶ関埋蔵金」の活用を訴え、これに反対する財務省と対立

   事件が起こったとされるのは、2009年3月24日の20時ごろ。東京・練馬区の温泉施設で。区内の男性サラリーマンが風呂から上がって、脱衣所のロッカーに入れてあった財布とブルガリの高級時計がなくなっていたのに気づいたという。男性は警察に通報し、警察が施設内の防犯カメラを再生したところ、不審な男が映っていたといい、不審な男が風呂場から出てきたところで「御用」となった模様だ。

   警視庁練馬署は3月30日になって高橋容疑者を書類送検し、各紙は30日夜から31日朝にかけて事実関係を報じた。本人は「いい時計で、どんな人が持っているのか興味があった」として、容疑を認めているという。

   異例なのは、処分が書類送検にとどまっていることだ。警察側は「逃走のおそれがない」などと、その理由を説明しているというが、高橋容疑者が盗んだとされるのは、約30万円相当にものぼる。これだけのものを盗んだとすれば、逮捕されるのが普通だ。もし高級時計を本当に盗んだとすれば、その場からすぐに立ち去るのが普通で、その後風呂に入るという行為は考えにくい。

   ここでひとつの仮説を展開しているのが、3月31日発行の「日刊ゲンダイ」だ。捜査当局が「第2の植草事件のようにみられること」を避けたいのでは、との見立てだ。「植草事件」と言えば、元大学教授の植草一秀氏が東京都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕・起訴された事件だ。植草氏は、当時の小泉政権や竹中平蔵氏を批判していたことから、一部では「逮捕は、国家権力による陰謀なのでは」との推測も出ていた。

   高橋容疑者は、従来から「霞ヶ関埋蔵金」の活用を訴えており、これに反対する財務省と対立していた。このことから、「国策捜査」との批判が上がる可能性があることを念頭に置いているものとみられる。

自分が何をしたのかが分からないまま、犯罪犯す?

   当の植草氏も、09年3月31日、高橋容疑者の逮捕についてブログに2本の記事を掲載。高橋容疑者が逮捕されなかったことについて

「(逮捕・起訴された)小沢民主党代表秘書の大久保隆規氏も逃走の恐れはなかったと思われる。余罪の可能性を考えるなら、逮捕して家宅捜索しなければ、罪証隠滅の恐れがあると言わざるを得ない。私の場合、逮捕され、132日間勾留され、家宅捜索を受けた」

と捜査のあり方に疑問を投げかけた上で、

「私が冤罪事件に巻き込まれた際の報道と比較して、圧倒的に小さくはないか。逆に高橋氏の事件にかこつけて私に対する誹謗中傷を記載するブログ記事が目立っているのではないか」

としている。

   さらに、一部では、高橋容疑者が警察に供述したとされる犯行動機が不可解なことから、自分が何をしたのかが分からないまま、万引きなどの軽犯罪を犯してしまう「ピック病」の疑いを指摘する声まであがっている。ピック病は若年性認知症の一種で、「散歩・食事などを、毎日同じ時刻に行うようになる」「場違いの行動をする」といった症状が特徴だ。また、「短期記憶は比較的損なわれない」という特徴もあるため、診断が難しいとされている。

   今後は、犯行動機の解明が焦点になるものとみられ、高橋容疑者が所属する東洋大学でも懲戒委員会を設置。高橋容疑者とコンタクトを取りながら、処分に向けての対応を進めている。同大の広報課では、J-CASTニュースの「大学側の調査に対しても、容疑を認めているのか」

という質問に対しては、

「『書類送検の事実』は認めています。その他の詳細は現在確認中です」

とのみ回答を寄せた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中