ケーキ食べ放題に詰めかける 20~40代「甘党男子」増殖中

印刷

   男性がスイーツを食べ歩き、ケーキバイキングには1人でも行く。コンビニではついついお菓子を買ってしまう――。そんな男性は「甘党男子」と呼ばれるそうで、20~40代男性を中心に急速に増殖中だ。

ケーキバイキングで20個近く食べる

   東京赤坂にある「36 CAFE」では午後2時~5時、ケーキバイキングを実施している。通常、1個500円のケーキが、90分1700円で楽しめるとあって、2008年10月のオープン以来、連日にぎわっている。担当者によると、男女比は4:6。20~40代を中心した男性客は、平均17個を口に運ぶ。ちなみに、最高は36個。女性の平均は6~7個という。

   東京立川にあるお菓子の家「エミリーフローゲ」。ここでは月2回、ケーキバイキングを実施している。1日のうちに「6時の回」「7時半の回」があり、定員は20人。制限時間は1時間20分で、価格は2600円だ。担当者は、「たしかに、ここ半年くらい、男性客が増えた気がします」と話す。女性客が平均7個を食べるのに対して、男性客は平均20個近くを平らげていくそうだ。

「1年ほど前はほとんどのお客さんが女性でした。しかし、ここ半年くらい、定員のうち4人に1人は男性がいるかと思います。会社の女性の同僚の方と一緒に来たり、中には1人でいらっしゃる方もいたりします」

   Q&Aサイト「Yahoo!知恵袋」でも2008年頃から、こうした「甘党男子」にまつわる記述が目立つようになってきた。ある男性は「甘党の男から質問! 甘党の男ってどう思いますか?」。彼氏が甘党だという女性は「甘党の男性ってどうですか?」と質問し、次のように続けている。

「先日、彼氏とパフェを食べに行きました。彼は大の甘党だということは、前から知っていました。が、食べだしたら止まらない彼・・・
結局、ビールジョッキ大のパフェを3つも平らげ、まだ『足りない』いうので普通3~4人前の『特大パフェ』を頼んであげたら、見事それも完食してしまいました。恐るべし・・・」

   ちなみに、これらに対する女性からの回答は「甘党の男性は大歓迎!」「一緒に甘味を食べてくれる彼氏って素敵だと思います!」などだった。

「周囲を気にせず、甘い物を食べられるようになった」

   ネット上には、甘い物好きな男性向けの専門サイトまである。2006年6月にオープンした「MEN'S SWEET.com」。サイト内ではスイーツマップが掲載されるほか、意見交換も行われる。メルマガ会員は3000人。同社では、会員の意見を取り入れて、パティシエとコラボしたオリジナルスイーツの販売を行っている。担当者の小倉康男さんは「男性の場合、見た目がシンプルでオーソドックスなものが好きみたいです」。

   一方、2008年11月にオープンしたスイーツ情報口コミサイト「甘党男子」。運営するカラーズ・エンタテインメントの代表、引野トオルさんによると、「スイーツ=女性のイメージが強いが、オトコがスイーツ好きでもいいじゃないか。そんな思いから始まりました」。メルマガ会員は現在500人ほど。サイト内には「甘党レポート」というスイーツの情報を書き込むスペースを設けており、現在40件ほどの情報が寄せられている。

   ところで、どうして「甘党男子」がこれほど注目されるようになったのか。前出の引野さんは、次のように話す。

「最近は、男性も周囲を気にせず、甘い物を食べられるようになったのではないでしょうか。もっとも、潜在的には甘い物好きもいたはずです。そうした人たちがブログにカキコミ始めたことで、お互いの情報交換が活発になった。そんなことから、ケーキバイキングにも行きやすくなったのかもしれませんね」

   なお、SNS「mixi」内でも、スイーツ好きの男性が集まる「甘党男子校」というコミュニティがある。開設は2004年で、現在1000人以上が参加している。ここでは、我こそはという甘い物好きな参加者がそれぞれの自慢を展開し、盛り上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中