「ユーチューブ」もうジリ貧なのか 09年は赤字4億7000万ドル!!

印刷

   利用者数が増加の一途をたどる動画投稿サイトだが、どのサイトもビジネスモデルを構築できずにいる状況が続いている。そんな中、ユーチューブは2009年には4億7000万ドルの赤字を計上するとの見通しを金融機関が発表し、波紋が広がっている。収入が伸びる一方、支出の伸び幅がそれを大きく上回るというのだ。動画投稿サイトの今後は、「ジリ貧」なのだろうか。

動画の再生量が増える分、支出も増えて赤字は拡大

   注目されているのは、スイスに本拠地を置く金融機関、クレディ・スイスが09年4月に発表したレポートだ。それによると、ユーチューブでは、09年には2億4000万ドル(239億円)の収入が見込まれているという。前年比で20%増だ。ところが、回線にかかる料金、コンテンツのライセンス料、サーバーの維持費用などを合わせた支出の総額は、7億1100万ドル(708億円)にのぼると見られており、その結果、4億7000万ドル(468億円)の赤字になるというのだ。

   支出の内訳を見てみると、コンテンツのライセンス料が全体の36%なのに対して、回線関係のコストは実に51%。1日あたり100万ドルかかっている計算だ。

   今後も同サイトの利用は伸びていく見通しで、09年には前年比38%増の750億本の動画が再生されるとみられている。

   だが、動画の再生量が増える分、支出も増えていく形で、赤字は拡大していくのは確実な情勢だ。レポートでは、経営改善の方向性として、収入を得られる動画の割合を増やしたり、広告のフォーマットを標準化して広告需要を高めることなどを提言している。

   ITジャーナリストの井上トシユキさんも同様の見方で、

「ユーチューブでは公式チャンネルの開設が相次いでいて、これは広告プログラムの側面がありますので、確かに『入り(収入)』は増えているようです。ただ、トラフィック(通信量)の増加も大きく、サーバー増強やそれにともなう人件費の増加など、『出て行く方(支出)』の方が大きくなっているようです」

と話す。

ニコニコ動画も赤字拡大

   この傾向は、ユーチューブに限った話ではない。例えばドワンゴが09年2月に発表した08年10月~12月の決算によると、ニコニコ動画が事業の大半を占めるポータル事業の売上高は前年同期比77.9%増の6億3600万円。一方、営業赤字は前年同期比では2倍以上の4億7500万円に拡大しているのだ。

   こう見ていくと、動画投稿サイトは「ジリ貧」のようにも映るが、井上さんは、この見方には否定的だ。

「ヤフーが(USENの)『ギャオ』を事実上傘下に収めたことからもわかるように、動画に対するニーズはあるんです。ユーチューブも、さらにアクセスが増えて知名度が高まるにつれて、企業もキャンペーン型の広告を打ちやすくなるのではないでしょうか。今は、アクセス増加に備えて、設備などに対して『先払い』をしている状態だとも言えます」

   ただ、過去に例のない世界的景気の落ち込みもあって、ここ2,3年は広告収入の大幅な伸びは期待できない。となると、どこまで持ちこたえられるのか、が焦点になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中