セブン&アイ、初の減収 百貨店・スーパー不振響く

印刷

   流通大手のセブン&アイ・ホールディングスが2009年4月9日に発表した09年2月期連結決算によると、営業収益が前期比1.8%減の5兆6499億円、営業利益は0.3%増の2818億円で、持ち株会社に移行した07年9月以降で初の減収となった。また、最終利益は株式の評価損などの影響で29.3%減の923億円と、減益となった。

   事業別でみると、たばこのタスポ効果でコンビニエンスストア部門の売上げが前期比61%増の2133億円と好調だったが、イトーヨーカ堂などのスーパーが27.4%減の247億円、西武・そごうの百貨店部門が28.8%減の183億円と落ち込んだ。

   同社では当初、増収増益を見込んでいたが消費の冷え込みが予想以上で、なかでもスーパー・百貨店部門の落ち込みが激しかった。今後は「タスポ効果」が薄れることや、消費低迷が続くことが予想されることから、プライベートブランド戦略の強化などで乗り切る構えだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中