株価大底打ち「いまが買いごろ」 証券会社積極セールスに転換

印刷

   証券会社のお客に対するセールスが活発になってきた。「暴落説」が漂っていたなかで、多くの上場企業が決算を迎えた3月末を乗り越えて、東京株式市場の日経平均株価は終値で9000円台に迫ってきた。小刻みな値動きを繰り返しているものの大きな下落はなく、「大底を打った」とみている証券関係者も少なからずいる。上昇機運が高まって、「いまが買いごろ」と証券会社からの電話やメールが鳴り響き始めた。

円安100円台 米景気の悪化も遠のく

   ちょうど1か月前の2009年3月10日、日経平均株価は年初来安値の7021円28銭をつけた。「7000円割れ」を目前に、一部のエコノミストは「5000円台もある」と悲観的だった。

   ところが、3月23日には8000円台に回復。その後もじわじわと上昇したり、利益確定売りで反落したりを繰り返してはいるが、上昇基調にある。09年4月10日の終値は、前日比48円05銭高の8964円11銭。ある証券マンは、「一気に(上昇)とはいかないが、このまま右肩上がりになっていく」と、期待を込めて相場をみている。

   気がつけば、この半月で1000円超も急上昇した株価。この間、外国為替はドル円が一時1ドル100円台に乗るなど、円安が進展。それに伴い、輸出関連株もやや株価を戻した。また、いまなお自動車メーカーの動向など不透明感があるが、米景気の悪化に歯止めがかかったとの観測が広がったことも株価にはプラスに働いた。

   3月10日が「大底」だったのか――。第一生命経済研究所の主席エコノミスト・島峰義清氏は「いったんは大底を打ったと考えています」という。

   政府の景気対策や株価対策が充実して、アナウンス効果を含めて奏功しそうなことや、アジアを中心に生産活動が底入れの兆候を明確にしつつあることで、「09年後半からはプラス成長に戻ると期待されています」と話している。

   この機に乗じて、証券会社は個人投資家の投資ムードを盛り上げ、売買につなげようと、電話やメールによる積極セールスに転じている。

   証券会社のセールスは金融商品取引法の施行で、投資家への説明責任が厳しく問われるようになったため、具体的な銘柄をあげて、投資を勧誘することがむずかしくなった。それもあって、投資セミナーや勉強会の開催などを通じた情報提供に切り替えて対応、個別セールスを控えてきた。

新年度に入って号令がかかった?

   電話やメールで「投資セミナー」の開催を呼びかけて集客。セミナーで企業のIR情報やマーケット動向などを詳しく教える。ある大手証券では、各支店長が講師となり、株取引の「いろは」から教える。「株価が暴落した昨秋以降、ネットで口座を開設した人が、いまから(取引を)始めようと来店するケースが多い」そうだ。

   電話セールスは、最近は個別での情報提供をうるさがる投資家が増えているので、支店単位でも滅多にやらないという中堅証券は「地場証券などの、窓口営業中心の証券会社では(電話セールスが)あるかもしれませんね」と話す。

   上昇基調にあるとはいえ、まだ株価は安い。しかも株価回復でムードが明るいので、証券会社は基本的に営業しやすい環境にある。ある証券関係者は、「新年度に入って、号令がかかっているかもしれない」と漏らす。

   インターネット専業証券のジョインベスト証券は「3月末から伸びている」と、売買状況を語る。ネット証券は営業担当を置かずに投資家の自主的な判断で売買することが特徴だが、「売買状況が活発になるにつれて、メールやコールセンターへの、売買に関する問い合わせは増えています」と話している。

   前出の島峰氏は、「いまの景気回復は、需要が追いついてこない弱々しいものと思われます。欧米などでとられている景気対策の効果が切れた後、再び不良債権問題が頭をもたげるようだと、株価も底をうかがう展開に逆戻りするかもしれません」とクギを刺すが、いずれにしても長期保有に徹すれば、買いごろではあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中