「医療崩壊食い止めたい」 患者や医師が立ち上がる

印刷

   さまざまな立場から智恵を出し合って医療崩壊を食い止めようと、患者団体や勤務医、開業医、学生、マスコミ関係者らが「医療志民の会」を立ち上げた。2009年4月11日、東京都内で設立シンポジウムを開き、「現場や市民の声を反映させる」ことの大切さを訴えた。参加者らの報告から、医療崩壊は加速している、という危機感が浮き彫りになった。

お金なく「静かな自殺」選ぶ人も

医療崩壊の実態と解決策について話し合った、「医療志民の会」の設立シンポジウム=2009年4月11日、東京都千代田区の学術総合センターで
医療崩壊の実態と解決策について話し合った、「医療志民の会」の設立シンポジウム=2009年4月11日、東京都千代田区の学術総合センターで

   シンポジウムには、著書「医療崩壊 『立ち去り型サボタージュ』とは何か」で早くから「医療崩壊」に警鐘を鳴らしていた、虎の門病院泌尿器科の小松秀樹部長ら15人がパネラーとして参加した。小松部長のほかに、看護師やがん患者団体関係者、医学生、大学教授らが顔をそろえた。司会は、フジテレビの黒岩祐治・解説委員が務めた。会場には、約400人が集まった。

   シンポジウムの冒頭近く、WBC日本代表だったプロ野球横浜ベイスターズの村田修一選手のメッセージが読み上げられた。村田選手は、息子が早産で生まれ、NICU(新生児集中治療室)が不足している実態に直面した経験などを報告した。

   「志民の会」の共同代表で、パネラーとしても参加した、元白血病患者の大谷貴子さんは、「金も医者も足りない」現状を訴えた。がん治療にお金がかかり過ぎるため、家族に金銭的負担を与えないよう治療をしない「静かな自殺」をする人たちが出ている、とも指摘した。大谷さんは、全国骨髄バンク推進連絡協議会の会長でもある。

   また、小松部長は、現在の医療行政は「現場の人間の考えを知ろうともしていない」と批判し、医師会改革や厚生労働省に情報開示を迫ることの大切さを訴えた。医師側に対しても、患者からの信頼を得るためピアレビュー(同僚評価)の導入が必要だと主張した。

「マスコミのそういう考えが間違い」

   議題は多岐にわたり、さまざまな視点から問題点が挙げられた。複数の医師からは、これまで医師は「善意と体力」で乗り切ってきたが、最近の勤務医不足や訴訟不安の増大で限界のところまで来ていると悲鳴が上がった。マスコミが叩きやすい医師側を安易に批判してきたことも、医療崩壊の一因だとする指摘もあった。一方で、患者団体からは、患者の顔も見ずに治療の話をする医者がいる、医者の目線が高く患者の声を聞こうとしていない、との批判もあった。

   シンポは2部構成で、2時間30分にわたって議論が続いた。特に結論めいたものをまとめることは無かったが、さまざまな立場の意見をひとつの場で交わすことの大切さを確認した。

   シンポ後には、パネラーたちによる記者会見もあった。パネラーに厚生労働省関係者がいなかったことについて、男性記者が「雑談では意味がないのでは」「それでは100年経っても(状況は)変わらない」と質問した。すると、千葉県がんセンターのセンター長も務めた竜崇正さんが「マスコミのそういう考えが間違いだ」「(役所に)お願いする時代は終わっている」と反論し、現場の声をもとにした抜本的な改革の必要性を改めて訴える一幕もあった。

   同会は、パネラーら147人を発起人として発足、さまざまな団体や個人が緩やかに連携する形を考えている。この日のシンポを皮切りに活動を本格化させ、今後も各地で同様のシンポを開くなどして、情報の発信や収集を続ける予定だ。

   医療崩壊は目に見える形で影響が出始めており、医師不足に伴い病院が閉鎖されるニュースが相次いでいる。4月に入ってからも、沖縄県で、医師らの退職意向により骨髄県内移植が困難になるという事態が報じられた。共同代表の大谷さんは、「患者や現場の医師だけでなく、税金を医療にどう使うかを考えるには市民、医療に関心をもつ『志民』の力が必要だ」「いろんな人の心・意見を吸い上げ、流れを変えたい」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中