1億円以上の投資用マンションに人気 個人が「ビル丸ごと」投資

印刷

   マンション価格の下落がとまらず「底なし」状態が続く中で、いま1億円以上の投資用物件が売れている。なかにはビルを丸ごと、20数億円もの物件にポンと投資する資産家も現れた。建設や不動産業者が資金繰りに苦労するなかで、個人が積極投資に動き出し、「あるところにはあるものだ」と不動産業者を驚かせている。

物件価格に比べると家賃はそれほど下がらない

   マンション価格が下落の一途をたどっている中で、モデルルームに使用していた物件や、倒産しそうな建設業者や不動産業者が早めに現金化するために安く販売しているアウトレットマンションは、資金繰りに苦しむ不動産業界にあって、比較的好調に推移している。

   ただ、そんなアウトレットマンション市場にも変化の兆しがある。アウトレット市場の参入者が急増したことや、在庫整理におおむねメドがついてきて、「再販市場は品薄感が漂ってきて、値上がり傾向が出てきた」(不動産販売会社の役員)という。

   お客はまだ安い物件を求めているので、マンション販売業者としては「高値で仕入れたくない」。それもあって、曲がり角にきていることは確かなようだ。

   そうした中で、1億円、2億円といった投資用マンションが売れ行きを伸ばしている。インターネットで不動産情報を提供する「楽待(らくまち)」を運営するファーストロジックは、「最近、アクセスが増えているのは投資用物件のサイトです」と明かす。

   マンション価格は「底値」を思わせるほど下落して、「値ごろ感が出てきた」と考える人は少なくないのだろう。

   物件価格の値下がりが激しいが、家賃はそれほど下がらない。つまり、利回りが下がっていないことも投資用マンションが売れている原因だ。株価も債券も相場が不安定なので損失が心配だし、預金は低金利で儲けが少ない。たとえば、東京・池袋、築20年の中古の投資用マンション(1棟売り、1億3000万円)でさえ、年10%近くの利回りがある。「20%近い物件も探せばあります」(不動産販売の関係者)という。

   最近では、これまで法人をターゲットにしていたマンション販売業者が、個人資産家に狙いを切り替えたことも、投資用マンションが伸びつつある原因といえそうだ。

地方の資産家、3億~4億円をポンと投資

   投資用マンションを物色している人は、こんなだ。

   地方の資産家で、投資額は3億~4億円。5億円となると躊躇する。投資物件は東京都内か神奈川県。築浅で駅に近いことが条件。なかでも人気は山手線内、広げても環状7号線の内側。利回りは15%前後。ある不動産業者は、「地方で、また投資経験や情報が少ないためか、みんな同じような条件を提示してくる」と苦笑する。

   ワンルーム・マンションの1室に投資する「サラリーマン投資家」ではなく、ビルを丸ごと購入するような資産家も増えている。ファーストロジックは、「地主や、小さいながらも儲かっている企業のオーナーが買っているようです」と話し、都心部の、10億円超、20数億円という高額物件に投資する個人もいるという。

   たとえば、「横浜市内、新築マンション、1棟売り18億円」といった物件にも、複数の資産家の打診があった。銀行などの融資姿勢が厳しいものの、「手元に多少でも資金(頭金)があれば、ノーと言わない」こともあって、資金も手当てしやすいことがある。

   デベロッパーや不動産業者がマンション建設と販売で資金繰りに忙しく、とても物件を抱えている余裕がない分、個人の資産家層が小回りを利かせて、よい投資物件があれば、ポンと買っているわけだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中