激務薄給、ワンマン、理不尽な要求 「ブラック企業」とはいったい何者だ

印刷

   ネット上の掲示板で、就職活動中の学生たちの間で、「ブラック企業」という言葉がよく登場するようになった。「ブラック企業」をテーマにした映画も2009年冬に公開されるほか、同様の書籍も次々発刊されて、ネットで使われるスラングから流行語になりそうな勢いだ。「ブラック企業」とはいったいどんな会社なのか。

ネットスラングから書籍、映画へと広がる

映画で主役を演じる小池徹平さん。ニート時代(左)と就職後
映画で主役を演じる小池徹平さん。ニート時代(左)と就職後
「低賃金で奴隷のようにこき使われる」
「サービス残業、休日返上は当たり前」

   こんな会社がブラック企業と呼ばれるらしい。

   激務薄給のほかにも、ワンマン経営者、体育会系といった風土がある企業、不祥事を起こした会社なども含まれるようだ。

   ブラック企業という言葉をいつ、誰が使い始めたのか定かではないが、インターネットが普及して匿名で内部情報を書き込めるようになり、広まったと言われている。その代表的なのが巨大掲示板「2ちゃんねる」の「就職板」や「転職板」だ。内部にいる者しか知り得ないような情報も書かれている。書き込まれた内容をもとに、「ブラック企業就職偏差値ランキング」としてまとめたものもある。

   とはいえ、ネットユーザーの使う「スラング」の域を出なかったが、08年から関連書籍が相次いで発売されるようになる。「ブラック企業の闇 それでもあなたは働きますか?」(晋遊舎、08年5月発行)、「就職先はブラック企業 20人のサラリーマン残酷物語」(彩図社、08年12月22日)、「ブラック企業とシュガー社員」(ブックマン社、09年4月)など。

   また、08年後半の世界同時不況で雇用が悪化し、「派遣切り」や「内定取り消し」をした企業もブラック企業と呼ばれ、より幅広い意味で使われるようになる。

   さらに09年冬にはブラック企業の名前を冠した映画が公開される。

   タイトルは「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」。高校中退の26歳のニート(男性)が母の死をきっかけに、情報処理の資格を取ってプログラマーとして就職。ところが、とんだブラック会社であることが判明する。

   07年11~12月に2ちゃんねるに書き込まれた同名のスレッドが元になっている。筆者の男性は入社早々、上司に「定時なんてものは都市伝説だ」と怒られたり、誰も質問に応じてくれない変な空気などについて詳しく書くと、2ちゃんねるの住人も参加して話が盛り上がっていく。08年6月には新潮社から書籍化された。

   09年4月19日に映画のクランクインを迎えるにあたって、主人公を演じる俳優の小池徹平さん(23)は、「難しい役ですが、体当たりでぶつかっていこうと思っています」とコメントしている。

就活中の学生も「あそこはブラックっぽい」と情報交換

   「J-CAST会社ウォッチ」で「私もブラック会社に入ってしまいました」という記事を09年4月1日に掲載したところ、たくさんのコメントが書き込まれた。自分が勤めている会社もブラック会社かもしれない、と思った人もいる。

「日付が変わる残業は当然、裁量労働制という名目で残業代の一切がない。手取りは20万を切るレベル。1年間で精神病院行きが1名、退職者6名。これはブラックなんでしょうか」
「私は今まで転職を8回しており全部ブラック会社でした。不動産、パチンコ屋、印刷塗料メーカー、行政書士事務所…行政書士事務所での最後の一言は『君はどこに行っても通じない』でした。会社名を挙げて2chにでも書き込みたかっです。どうしてブラック企業は潰れないのでしょうか」

   一方、就活中の学生や転職者にとって、会社を選ぶ上でブラック企業をいかに見分けるかは重要だ。

 就職活動中の女子大学生は、こう明かす。
「面接を受けて、友達と『あそこはブラックっぽいから、やばいよ』とか情報交換しています」
 男子大学生も、
「就活を始める前に、2ちゃんねるの『ブラック企業リスト』を見るというのが当たり前になっています。それまで2ちゃんねるを使っていなかった人でも、見始める人が多いです」

と話し、就活中の学生の間では、かなり浸透しているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中