窓口で「おっぱい1枚」といえますか 綾瀬主演映画チケットに「珍騒動」

印刷

   綾瀬はるかさん(23)主演の映画「おっぱいバレー」が2009年4月18日から全国公開されるが、前売りチケットを買う際、「『おっぱい』と口にするのが恥ずかしい」という声が配給会社にたくさん寄せられた。このため、「OPV(オーピーブイ)」という言葉で買えるよう全国の映画館に手配したが、ネットでは「OPVの方が、よっぽど恥ずかしい」というカキコミが出ている。

綾瀬はるかは「おっぱい」連呼した?

綾瀬は「おっぱい」を見せることになる?
綾瀬は「おっぱい」を見せることになる?

   「おっぱいバレー」は実話を元に書かれた同名の小説の映画化で、舞台になっているのは1979年の北九州。中学の弱小男子バレー部の顧問になった女性教師と部員との交流を描いている。部員は先生に、「試合で一勝できたらおっぱいを見せる」という約束をせがむ。先生は、見せたくはないものの、生徒達に勝利する喜びを与えたいと悩む。映画の公式ホームページによると、

「おっぱい見たい一心で、がむしゃらに練習に打ち込む。別人のように強くなっていく」

   そんな中学生の姿を描いているのだという。

   「おっぱい、を平気で連呼できる」が一種の出演条件だったようで、主演女優選びも難航したようだが、人気女優・綾瀬さんに決まり公開にこぎつけた。ただ、ある難題が持ち上がった。それは観客から、前売り券を買う際に「おっぱい」と言うのは恥ずかしい、という意見が配給会社にたくさん寄せられためだ。ネットの掲示板を見てみると、やはり、

「『おっぱいバレーのチケット下さい』って窓口で言うのかよ…」
「拷問だろ…」
「ちょっとボカシて、『おっぱい何とか』って言えば解決」

など「恥ずかしい」というカキコミが出ていた。

   そこで急遽、配給会社は全国の映画館に対し、映画のタイトルの頭文字「OPV」でチケットが買えるように手配したのだそうだ。札幌市にある映画館にJ-CASTニュースが問い合わせてみると、

「OPVで前売り券が買えるようになっています。シャイなお客様への対応だけでなく、羽住英一郎監督自身がOPVの名前で広めたい、という狙いもあると聞いています」

と打ち明ける。

「OPV」といって買う人はあまりいない

   東映のホームページを見ると「劇場窓口で『おっぱい 1枚』といいづらい方は『OPV 1枚!』でもお求めになれます!!」と書かれている。

   ちなみに、羽住監督は「おっぱい」を合い言葉のようにしていて、撮影時も「おはようおっぱい」「お疲れおっぱい」と、語尾に「おっぱい」を付けることをルールにしていた、と映画の公式ホームページに記されている。出演者やスタッフのやる気を掻き立てることが狙いだったようだ。

   ただしネットではこの「OPV」、あまり評判がよくない。いかにも「おっぱい」と言うのを避けているのがバレバレで、余計恥ずかしい、という理由からだ。しかも、「OPV」と言って買った際も、窓口で「おっぱいバレーですね?」と復唱されるのも嫌だと考えているからだ。都内の映画館にJ-CASTニュースが問い合わせてみたところ、

「OPVと言って買っていかれる方は、あまりいません」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中