防衛医大教授の痴漢に「逆転無罪」判決

印刷

   電車内で女子高生(当時17)に痴漢行為をしたとして、強制わいせつ罪に問われていた防衛医科大の男性教授(63・休職中)の上告審判決が2009年4月14日、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)であった。懲役1年10月の実刑とした1、2審判決を破棄、「(女子高生の)痴漢被害に関する供述の信用性にはなお疑いをいれる余地がある」とし、無罪を言い渡した。男性の逆転無罪が確定する。判決は裁判官5人中3人の多数意見。

   男性教授は06年4月18日朝、東京・世田谷区を走行中の小田急線電車内で、女子高生の下着の中に手を入れるなどしたとして、逮捕、起訴されたが、一貫して無罪を主張。男性の指から被害者の下着の繊維が検出されないなど、客観的な証拠や目撃証言もなかったが、1、2審では女子高生の供述の信用性を認め、実刑が言い渡されていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中