大物テクノバンド「YMO」 26年ぶり復活の真相

印刷

   大物テクノバンド「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」が26年ぶりに日本で「復活」することになった。これまでメンバー3人が一緒に活動することはあったが、「YMO」の名前は封印していた。なぜ復活なのか、ネットではいろいろ憶測も出ている。

「YMO」という名前は日本では使っていない

   「YMO」は高橋幸宏さん(56)、細野晴臣さん(61)、坂本龍一さん(57)によるテクノバンドで1978年に結成。楽曲「テクノポリス」「ライディーン」と続け様に大ヒットを飛ばし、彼らが奏でる電子音はもとより、その髪型、服装まで真似る若者が続出。社会現象にまでなった。「散開(解散)」したのは83年だが、日本の音楽に与えた影響は非常に大きく、以降、メンバーの3人はソロでも活躍してきた。

   そんな3人が、26年ぶりに日本で「YMO」として登場することが決まった。09年8月9日に東京・夢の島公園陸上競技場で開催される野外ライブイベント「ワールド・ハピネス2009」がそれだ。

   ただし、この26年間、メンバーの3人が一緒に活動することはあった。その時のバンド名は「xYMO」、「ヒューマン・オーディオ・スポンジ(HAS)」、「HAS YMO (ハシモ)」であり、「YMO」というオリジナルの名前は日本では使っていない。

   今回の「YMO」としてのライブは、高橋幸宏さんの呼び掛けで実現したのだそうだ。どのバンド名で出演するか、となったときに、高橋さんが、

「名前はイエロー・マジック・オーケストラでいいよね?」

と2人に言ったところ、あっさりと決まってしまったという。

「バンド名のこだわりがなくなった」が真相

   高橋さんの所属事務所オフィス・インテンツィオによれば、日本では「YMO」を使っていなかったものの、海外公演では何度か使われていたそうだ。日本で使わなかった理由は、3人が一緒に演奏したいと考えたとき「YMO」を名乗ると、「再結成だ!」といらぬ騒ぎになることが想定され、それを避けるのが目的だったという。

   しかし、海外では「YMO」の知名度はいまだに高く、08年6月に行われた28年ぶりのロンドン公演では、「YMOで出演してほしい」というオファーがあった。

「昨年もYMOの名前でロンドンのステージに立っていますので、既に、日本でどの名前にするか、などというこだわりは無くなっているのだと思います」

と同事務所ではJ-CASTニュースに説明した。

   もっとも、今回の「YMO解禁」には様々な憶測が出ていて、テクノポップアイドル「Perfume(パフューム)」大人気に代表される「テクノブーム」に嫉妬、触発されたのではないかという見方だ。日本のテクノの元祖は自分達であり、「おちゃめ」な3人だからこそ、改めてその存在を示そう、というのではないか、というものだ。そのためか、掲示板を検索してみると、「パフューム」との関連するカキコミが見られ、

「前座にパフューム呼んで」
「パヒュームが歌ってYMOが演奏するのがいいのでは」
「ジジイパヒュームですね よ~くわかります」

などというものもある。

   ちなみに、事務所によると、「パフューム」や、日本のテクノブームとの関係は「全くない」とのことだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中