夏の風物詩「花火大会」中止や縮小 不況で「協賛金」集まらない!

印刷

   夏の風物詩「花火大会」が不況のあおりを受けている。主催者側は、企業から集める協賛金がこの不況下で例年より落ち込むと見て、打ち上げ数を減らしたり規模を縮小したりするケースが出てきた。業績の悪化が目立つ製造業が多い地域の場合、大会を中止するところもある。今回は実施できても、来年はどうなるかわからないという不安を訴える声も上がっていて、事態はかなり深刻のようだ。

「煙になって消えてしまう花火に寄付してくれとは言えない」

花火大会のない夏は、やっぱり寂しい(写真はイメージ)
花火大会のない夏は、やっぱり寂しい(写真はイメージ)

   毎年8月に4万発以上の花火を打ち上げる「諏訪湖祭湖上花火大会」(長野県諏訪市)は、滝のように流れる花火「ナイアガラ」や、湖上の特徴を生かした花火が名物だ。全国から50万人の観客が訪れる。

   61回目となる2009年も、たくさんの観光客が見に来ることが予想されるが、例年と様子が異なるようだ。

   打ち上げ数を前年より3000発減らして4万発にする。また、2尺玉という大型花火の打ち上げも中止する。

   諏訪湖祭実行委員会は、不況で地元企業からの協賛金が例年より集まらないだろうとみて、協賛金の目標額を前年より約2000万円少ない6000万円に下げた。大口協賛者だった埼玉県の企業が経営破たんした影響も大きい。同社社長が地元出身者という縁で数年前から協賛していた。

   諏訪市観光課の担当者は、

「2000年以降、協賛金は右肩上がりでしたが、こういうご時世なので、しょうがないと思っています。なんとか08年と同等の規模にしたい」

と話している。

   協賛金は例年より1カ月早い5月から集める。

   大会を中止するケースも出てきた。

   長野県須坂市で毎夏に行われている花火大会「蔵の町須坂花火の夕べ」は、製造業を中心とする市内企業から寄付が見込めないとして09年の開催を止めた。

   須坂商工会議所などでつくる実行委員会によると、運営費約1000万円のうち800万円は市内の商店や企業からの寄付だ。

   会議所の担当者は、こう話している。

「人員を減らしている製造業もあります。そんな時に、煙になって消えてしまう花火に寄付してくれとは言えません。従業員も納得しないでしょう」

横浜国際花火大会今年は中止、2010年以降も危ない?

   打ち上げ数3000発の小規模な花火大会とは言え、20年以上も続いている。「夏の風物詩」が消えたことを市民はどう思っているのだろうか。

「『残念だ』という意見が寄せられるかと思っていましたが、ぜんぜん聞こえてきません。蛇口をひねれば出てくる水や空気のように、花火大会をやるのは当たり前だと思われているようです。自分たちの懐を痛めているわけではないので、止めるとなっても何も言いようがないのかもしれませんが。2010年以降に復活させるとしたら、市民のみなさんにも寄付を募り、会場整備などのボランティアをお願いしたいと思います。理解していただけなければ、このまま止めることになるでしょう」

   1956年から続く「横浜港開港記念みなと祭 国際花火大会」も中止する。横浜市、横浜商工会議所などでつくる実行委員会は理由について、「開港150周年イベントの開催と重なる。花火だけでも50万人の観客がつめかけるため、安全を確保できない」と説明。ただ、2010年以降も「(実施するか)わからない」としており、「中止の見通し」とも報じられている。

   7~8月にかけて、いたるところで花火大会が行われる東京の場合、「葛飾納涼花火大会」「足立の花火大会」「江戸川区花火大会」が前年と同規模で行うことが決定している。「隅田川花火大会」は前年より1500発多い2万1500発を打ち上げる。「東京湾大華火祭」は09年6月上旬、「江東花火大会」は5月11日以降に決まる。

   ただ、打ち上げ数を先に決めて、これから協賛金を集めるという実行委員会がほとんどで、「厳しいのではないか」と危惧する声が内部から上がっている。

   「葛飾納涼花火大会」の実行委は、

「現段階で08年に比べて集まりがよくありません。出せないとか、30万円から20万円に減額するという企業もあります。例年、花火大会の案内を小冊子で作っていましたが、チラシにして印刷費を削減し、会場の設備費も抑えるなどして足りない分を補うつもりです。今回はがんばりますが、次はどうなるかわかりません」

ともらしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中