麻生首相の朝日新聞嫌い 「説明する必要は感じません」

印刷

   首相官邸での記者団のぶら下がり取材の際、朝日新聞記者から靖国神社への真榊奉納を質問されると、麻生太郎首相は「朝日新聞に説明する必要は感じません」と答えた。朝日新聞に対する取材拒否とも受け取れる発言だが、過去の新聞記事や共同記者会見を見ても、麻生首相は朝日新聞に対し冷たい対応が目立つ。

「人に書いた手紙の内容をしゃべることはありません」

   産経新聞が電子版で2009年4月21日に報じた「『麻生首相ぶら下がり詳報』靖国神社への真榊奉納『朝日新聞に説明する必要ない』」にはこんな様子が書かれている。

   朝日新聞記者が靖国神社問題について質問すると、「まず、自分の名前を言ってから、質問をやってよ」。朝日新聞だと名乗ると、「朝日新聞?あぁ、見ない顔ですね。初めて見る?」。何度も麻生首相に質問していると言うと「あっ、そう」。春季例大祭に真榊(まさかき)を奉納したことについて聞きたいと言うと、

「あの、真榊料を納めるか、そのとき、自分で行くか、理由を朝日新聞に説明する必要は感じませんので、お答えは致しかねます」

とまさに、けんもほろろだ。

   麻生首相の朝日新聞に対する「冷たい態度」は今に始まったことではない。外務大臣だった07年8月14日、イスラエルのリブニ外相との共同記者会見で、朝日新聞記者がリブニ外相に、麻生氏が外相を外れるという噂をどう思うかと聞いたところ、麻生外相は苦笑しリブニ外相に「ignore it(その質問は無視して)」。

   09年4月13日の記者会見では、初めは各メディアの質問に普通に答えていたのだが、朝日新聞記者が社名を言って質問しようとすると「はい?」。オバマ大統領の核廃絶演説について聞き始めると「どこだったっけ?」と社名を聞き返した。朝日新聞です、というと「うん」。オバマ大統領に送った親書の内容を尋ねると、

「人に書いた手紙の内容をしゃべることはありません」

「麻生首相は記者に丁寧に答えるべき」と加藤元幹事長

   テレビ朝日に対しても同じで、07年8月27日に行われた自民党の新三役共同記者会見で、新三役になるにあたり、安倍総裁(当時)からどんなことを伝えられたのか、とテレ朝記者が質問すると、

「ここに来て何が聞きたいんです?ギクシャクしているというのを期待しておられるんですか?意図が分からないと答えてもしょうがないんで」

   役員会での安倍総理(当時)が明るい雰囲気だったかどうかを、安倍総理の具体的な言葉と共に教えて欲しい、とテレ朝記者は食い下がった。すると、

「極めて和やかではなかったでしょうか。朝日新聞の役員会とは比較できませんが」

などと答えていた。

   麻生首相の朝日新聞嫌いともいえるこの言動だが、ネットでは09年4月21日の発言についても「調子取り戻してきたな。もっと、言ってやれ」などと応援するカキコミが多く出ている。もっとも、「ちょっと記者をいじりすぎw」「麻生、それはもうイジメだぞ」などというものもある。加藤紘一元自民党幹事長は09年4月21日放送の BSフジ「プライムニュース」に出演。ぶら下がり取材に対する麻生首相の対応について、「番記者と敵対的な感じでギクシャク感がある。丁寧に答えるべきだ」などと苦言を呈していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中