池袋三越、51年の歴史に幕 鹿児島店も閉店

印刷

   池袋三越がゴールデンウイーク最終日の2009年5月6日、51年の歴史に幕を下ろした。閉店セール最終日には約9万5000人が訪れた。鹿児島市の三越鹿児島店も同日で閉店し、約5万人の客が詰め掛けた。

   百貨店不況が続く中、老舗店の閉店が相次ぐ。民事再生手続き中の北海道の老舗、丸井今井(札幌市)は旭川店を09年7月から8月下旬をめどに閉店し、室蘭店は2010年1月まで営業を継続するが、その後は未定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中