ゲーム感覚で好評 「セルフレジ」スーパー等でさらに拡大中

印刷

   買い物客が無人のレジで決済する「セルフレジ」を導入する動きが流通業界で広がっている。決済方法は、顧客自らが商品のバーコードをレジの読み取り用画面にかざして、表示された金額を現金か電子マネーで精算するというもの。

   大手スーパーのイオンでは、2003年から傘下のジャスコなどで導入しており、現在、189店に870台を設置している(2009年2月20日時点)が、さらに2010年の2月末までには330店、1690台に増やすことを予定している。同業の西友や、コンビニエンスストアのampmなども既に導入を開始しており、今後はさらに拡大していくという。

   イオンの担当者は、「お子さんがゲーム感覚で楽しめるなど、好評を得ています。今後は全店舗の導入も視野に設置店舗数を増やしていく方針です」と話している。

   ちなみに操作のアシスタントとして周辺に職員を1人常駐させているだけで、無人化に伴う万引き対策などは特にしていないそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中