テレビゲーム開発からパチンコ業界を目指す 楽しく安定した生活を望むクリエイター

印刷

   クリエイターを目指す若者達の就職希望先で、人気が急上昇しているのがパチンコメーカー。一昔前なら人気の業界はゲーム、音楽、出版だったのが様変わりしたようだ。

新卒の就職希望者がSANKYO は1.5倍に

サミーの新機種「ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘」(ホームページより)
サミーの新機種「ぱちんこCRハクション大魔王3 アクビ娘」(ホームページより)

   近頃のテレビ見ると「エヴァンゲリオン」「北斗の拳」「アタックNO.1」など、人気アニメのパチンコ台のCMが多数放映されている。パチンコ業界そのものは、ここ10年以上も人気が下降、ホールを運営する会社の倒産が相次いでいるが、パチンコメーカー各社は増収増益になるなど活気付いている。パチンコ台は、大きな液晶の画面を搭載し、三次元CGを駆使するなど、まるでテレビゲーム機を彷彿させるものへと変化している。

   パチンコメーカー大手のSANKYO、サミーは、ともにここ数年、入社希望者が急増している。目立って増えている職種がパチンコ台開発を希望するクリエイターだ。SANKYOに入社希望をする新卒のエントリーは、数年前と比べ1.5倍以上になっている。これはクリエイター志望者が増えていることが影響している。中途採用の募集に対する応募も増え、特にゲーム業界のクリエイターからの転職希望者が目立つ。

   かつてクリエイターを目指す若者が目指したのは、ゲーム、音楽、出版などの業界。しかし、出版不況、音楽CDが売れない時代が続き、ゲーム業界でも好調なのは一部のメーカー。作品によって当たり外れがあるため、給与が不安定。しかも仕事はきつい。パチンコ業界は業績が落ちたといっても25兆円といわれる巨大産業である。パチンコ台の販売ルートがしっかりしていて、業績が安定している。だからクリエイター希望者はこの不況の時代でも安心して勤められる職種、と判断しているのだそうだ。 また、ゲームの開発は昼夜無く続けられる場合が多いのに対し、パチンコ台の場合はメリハリを付けた仕事行程になっていて、生活のリズムを作りやすい、という理由もあるそうだ。

   ゲーム会社からパチンコ業界に転職した30代の男性クリエイターは転職の理由を、

「ゲームに比べ少人数で開発するため、担当する分野が広くやりがいがある。また、次々に新しい機種を開発できるため面白いと思った」

と話す。ゲームだと大作になれば開発に数年かかり、また200人以上のチームで開発する場合は、

「ゲーム影像の芝のCGだけを作り続けるだけで、これが何に使われるのかわからない」

という嘆きもあった。パチンコ台は1台あたりおおよそ十数人のチームで作り、開発期間はだいたい1年。CG担当でも主要な画面の制作に関わることができるし、多くの機種の開発に携わることができるのも魅力だ。

セガのクリエイター、サミーに転職希望?

   サミーは、グループ会社セガの小口久雄元社長を開発部門のトップ(専務取締役)に迎えている。セガのゲーム作りのノウハウを生かし、パチンコ台の面白さをより高めることが狙いだ。そんなセガのゲームクリエイターの中にも、パチンコ台の開発をしたいという社員が現れているのだという。

   サミーの広報は、

「影像、音楽など様々なクリエイターにとって、パチンコ台開発はこれからも人気職種として注目されていくのは間違いないと思います」

と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中