記者たちのあまりに「ゆるい質問」 小沢代表になぜ「献金」聞かぬ

印刷

   小沢一郎・民主党代表は2009年5月11日17時から民主党本部で辞任会見をした。小沢代表は、西松建設の違法献金事件や検察「陰謀説」に関しては一言も語らず、記者からも事件の核心に触れる質問はまったく出なかった。一方で自民党・麻生太郎首相や東国原英夫・宮崎県知事が事件の説明責任を果たしていない、などと痛烈に批判しているのとは対照的だった。

献金事件とは関係のない質問ばかり

会見中、小沢代表は一見上機嫌なようにも見えた
会見中、小沢代表は一見上機嫌なようにも見えた

   記者の質問では、民主党の次期代表や選挙対策について、あるいは「小沢総理待望論」に応えられなかった思いなど、献金事件とは関係のない、あまりに「ゆるい質問」が相次いだ。唯一、日本テレビの記者から、

「党内、有権者からは、辞任自体が遅すぎ、党にダメージを与えたとの声もある」
「政権交代に貢献するために、離党、議員辞職も考えられるのか」

という質問が飛んだ。

   代表は「なぜ離党・議員辞職しなければならないんですか」と語気を強め、「政治資金の問題について1点のやましいところもない」「法律に従いきちんと処理し報告している」と従来の見解を繰り返した。また、「みなさん方の『懇切丁寧な報道ぶり』にも関わらず、20%以上の支持率をもって、自民党と拮抗している」と一連の事件報道を皮肉った。

「多額の献金を知らない、というのは『欺まん』だ」

   一方、この会見を受けて自民党・麻生太郎首相と、東国原英夫・宮崎県知事は以下のように語っている。

   麻生首相は首相官邸での会見で、「冒頭発言しか聞いていない」ことを強調しながら、

「なぜ辞めるのか、何について責任を取るのか、なぜ今なのかについて、国民は理解できなかったのでは。私も正直うかがってみたい」

と、会見に疑問を呈している。

   また、東国原知事も小沢代表の会見を厳しく批判した。「西松建設あたりとのつながりが『あやふや』『うやむや』ですよね」とし、「あれだけの多額の献金が1つの会社から来ていたことを知らない、というのは『欺まん』だ」とバッサリ。会見の内容は「国民にとって説明責任が果たされたとは到底思えない」と指摘した。民主党に対しても「辞めて臭いものにフタをした、選挙に向けてイメージアップとか、そういったことをすると、逆イメージダウンになる気がする」と痛烈に批判している。

   だんまり記者に代わって、政治家が批判している形だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中