吉野家が沖縄で試験販売 「牛丼バーガー」ナゾの正体

印刷

   「佐世保バーガー」をはじめとする「ご当地バーガー」に注目が集まるなか、吉野家が沖縄県で「牛丼バーガー」なるものの試験販売を始めた。いわゆる「ライスバーガー」の一種らしいが、早くも話題になっている。

「モスバーガー」の定番メニューに対抗?

   話題になっているのは、4月17日に沖縄県内の4店舗で試験販売が始まった「牛丼バーガー」。「具」は、牛丼でおなじみの肉やタマネギに、県内限定メニューとして人気の「タコライス」に含まれている千切りのレタスを加えたもの。この具を、牛丼のつゆが染みこんだライスを固めたもので挟み込んだ。いわゆる「ライスバーガー」の一種で、価格は330円。

   県内で「吉野家」店舗を運営する沖縄吉野家(浦添市)では、

「試験販売中なので、積極的に広報をしている訳ではないのですが…」

としながらも、

「何か目新しいものを作りたかったんです。特に、ハンバーガー店のドライブスルーのような、『車に乗っていても食べられるもの』を目指しました」

と、開発の経緯を明かす。ライスバーガーと言えば、「モスバーガー」での定番メニューでもある。「ファストフード店に出来るのなら牛丼屋でも」と、対抗意識を燃やした可能性もありそうだ。

売れ行き上々、特に観光客から人気

   この「ライスバーガー」、コンビニではam/pmやローソンが焼肉を挟んだ形で商品化したほか、東洋水産や加ト吉も冷凍食品として売り出している。やはりハンバーガーと同様、「どこでも食べられる」という点がうけているようだ。

   前出の沖縄吉野家では、

「売れ行きは上々。特に観光客から人気です。様子を見た上で、販売店舗を増やすかどうか決めたいと思います」

と、手応えを感じている様子だった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中