デスクトップPCも低価格化 「ネットトップ」のブーム来るのか

印刷

   機能をインターネット関連に絞ってコストを下げた「ネットブック」と呼ばれる低価格ノートPCの売り上げが急激に伸びている。この低価格化の波はデスクトップ型にも押し寄せているようで、各社が5~6万円台のものを続々と発売している。「あまり支出はできないが、大きい画面を使いたい」という層に受けている様子で、発売元も手応えを感じている様子だ。「ネットトップ」とも呼ばれるこの「低価格デスクトップPC」、09年度は「飛躍の年」となるのか。

4万4900円で15..6型液晶モニターとDVDドライブ付き

ピーシーデポコーポレーションの「OZZIO(オッジオ) TRシリーズ」。売れ行きは堅調だという
ピーシーデポコーポレーションの「OZZIO(オッジオ) TRシリーズ」。売れ行きは堅調だという

   この1年で、ネットブックの存在感が大きく増している。米調査会社のディスプレイサーチ(テキサス州)が5月13日に発表したところによると、09年の第1四半期(1~3月)に全世界で出荷された通常のノートPCの台数が前年同期比19.2%減の2440万台だったのに対し、低価格ノートPCの台数は同5.5倍の約590万台。ノートPC市場全体に占める低価格PCのシェアは、2.9%から19.5%に大きく伸びた。

   市場を引っ張っているのは、エイサーやアスースといった台湾メーカーだが、東芝や富士通などの国内メーカーも参入、市場は混戦模様だ。

   ここに来て、ノートPCにとどまらず、デスクトップPCについても、「低価格版」が続々と日本でも発売されているのだ。

   例えば前出のアスース(台湾)は09年4月4日、画面に指を触れて操作できるタッチスクリーン式の「Eee Top」を発売した。画面は15.6型で、ネットブックの1.5倍程度の大きさだ。ワイヤレスキーボードもついて、希望小売価格は6万4800円だ。

   PC専門店「PC DEPOT」で有名なピーシーデポコーポレーション(横浜市)も、09年3月に「OZZIO(オッジオ) TRシリーズ」を発売。最も安い4万4900円のモデルでも、15..6型の液晶モニターとDVDドライブがついている。ネットブックでは、DVDドライブは「外付け・別売り」なのが一般的だ。

   同社のメディアマーケティング部では、

「予想通りの売れ行きで、『好調』と言えると思います。『PCに余りお金はかけられないが、大きい画面を使いたい』というニーズに応えることができたのが、主な要因だと思います」

と、手応えを感じている様子だ。

家では、スペックが高いものを望む人が多い?

   ところが、国内の調査会社は、冷ややかな見方だ。MM総研(東京都港区)が09年5月13日に発表したところによると、08年度の国内の個人向けPCの出荷台数は、上半期が前年同期比15.6%増で、下半期が同11.2%増。景気後退の直撃を受けた法人市場とは対象的に、堅調な伸びを見せた。ところが、同社では、09年度の個人向けPC市場は「横ばい」、つまり「伸び率ゼロ」になると見ている。景気低迷で需要が冷え込む一方、ネットブックを初めとする低価格化で需要が促進され、「プラズマイナスゼロ」になるとの見立てだ。

   同社では、ネットブックについても「09年度は微減または横ばい」と予測する一方、ネットトップについては、

「ネットブックほどのインパクトはないでしょう。ネットブックは『持ち歩き用のPCは、機能を削ってでも小さく・安くしたい』というニーズに応えられていました。ただ、デスクトップPCは、元々ノートPCに比べて割安ですし、自宅で使うものです。どちらかと家は、スペックが高いものを望む方が多いのではないでしょうか」

と、必ずしも競争力は強くないとの見方をしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中