「ミス・ユニバース」ブランドは強い 関連ダイエット本がベストセラー1位

印刷

   ミス・ユニバース・ジャパンの栄養コンサルタントが書いたダイエット本「世界一の美女になるダイエット」がオリコン本ランキングと紀伊國屋書店の週間ベストで1位になった。ダイエット本が1位になるのは異例だ。奇抜さはなく、オーソドックスなダイエット法が書かれているにもかかわらず、1か月弱で16万部も出た。売れている背景には、「ミス・ユニバース」という絶大なブランド力があるようだ。

奇抜さのない、オーソドックスなダイエット法

予想を上回るペースで売れている「世界一の美女になるダイエット」(幻冬舎)
予想を上回るペースで売れている「世界一の美女になるダイエット」(幻冬舎)

   「世界一の美女になるダイエット」(幻冬舎、2009年4月25日発行)がオリコン本ランキング、5月25日付総合書部門で、1位を獲得した。

   これまでも、「カロリー書くだけHAPPYダイエット」(学習研究社、08年9月発行)、「史上最楽!朝バナナダイエット」(マキノ出版、08年5月)などのダイエット本が売れたが、「1位は初めて」(オリコン)。

   紀伊国屋の和書全店週間ベスト(09年5月11日~17日)でも、1位にランクインしている。

   幻冬舎によると、発売から1か月弱で16万部が出て、「予想を上回る」ペースだ。

   同書で、美しくなるための秘訣を68項目に分けて紹介している。

   「いま口にしたものが、10年後のあなたを決める」「最強のコスメは、テーブルの上にあるわ」「『サラダはヘルシー』だなんて単純な思い込みね」「買い物で迷ったら美人効果の高いトマトとベリーを」と、中身を読みたくなるような見出しがついている。

   一方、幻冬舎の担当編集者は

「初版は1万部で、地道に3万部売れればいい方だと思っていました」

と明かす。

「最近はやったダイエットというと、朝バナナのように何かに特化したものが多かったですが、この本で紹介しているのは栄養学に基づいたオーソドックスなことです。奇抜さもありません。でも、それが逆に読者の信頼を得たようです」

地味なダイエット本にゴージャス感をプラス

   著者は、ミス・ユニバース・ジャパン(MUJI)の公式栄養コンサルタントのアンギャル・エリカさん。04年以来、知花くららさん(06年世界大会2位)や森理世さん(07年世界大会優勝)といったファイナリストたちへ栄養指導を行なっている。

   オーストラリア・シドニー生まれ。シドニー工科大学卒、健康衛生科学学士で、ネイチャーケアカレッジ卒、栄養士の経歴を持つ。日本在住12年になる。

   本が売れている背景には、「ミス・ユニバース」という絶大なブランド力が影響していそうだ。「地味なダイエット本に、コンテストの持つエレガントさ、ゴージャス感がプラスされている」(担当編集者)。

   また、09年5月11日にはMUJIの最終選考会が行われ、東京都渋谷区出身のモデル、宮坂絵美里さん(24)が決まり、タイミングも良い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中