かわいすぎるイギリス人美少女 「Youtube」「ニコ動」で話題沸騰

印刷

   イギリス人美少女が踊る動画が話題になっている。人気アニメやゲームの音楽をバックに、華麗なダンスを披露する。動画は彼女自身が「Youtube」にアップしたもので、「ニコニコ動画」にも転載された。ネット上では早くも、「かわいすぎる」などと大人気だ。

ニコニコ動画にも転載、17万回再生

「男女」の曲に合わせて踊るベッキーさん
「男女」の曲に合わせて踊るベッキーさん

   華麗なダンスを披露しているのは、イギリス・マン島に住むBeckii(ベッキー)さん、18歳。動画サイト「Youtube」のマイページに書き込まれたプロフィールによれば、ダンスとアニメ・マンガが大好きで、音楽も日本のロックやポップが好みだ。ベッキーさんは腕や足がほっそりとしていて、抜群のプロポーション。腰のあたりまで長く伸ばした金髪がチャームポイントだ。

   ベッキーさんの「Youtube」のマイページを見ると、一番再生されているのは、日本の歌手・太郎さんが歌う『男女』に振り付けをつけて踊った動画だ。1か月前にアップされ、すでに5万回以上が再生されている。ベッキーさんは、白いキャミソールにピンク色のチェックのスカート、黒のニーソックス姿。自慢の金髪は両耳脇で結わえ、腕を振り回し、リズムを取ってキュートに踊る。体のキレもなかなかよい。

   この曲以外にも、人気ゲーム「アイドルマスター」の曲『GO MY WAY』、アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の主題歌『冒険でしょでしょ?』『ハレ晴レユカイ』をバックに踊ったものもある。これらも1万回以上が再生されている。

   そして、この動画が2009年5月25日、動画サイト「ニコニコ動画」に転載されたことがきっかけで、ネット上で広く知られることになった。5月27日現在、17万回以上が再生されている。コメントも7000件以上あり、「かわいいえええええ」「かわいすぎる」「部屋もルックスも日本とは格が違う」などと書き込まれていた。

「日本の芸能プロダクションは動かないのか?」

   そんな中、早くもベッキーさん来日への期待感も語られている。動画サイトやウェブサイトがきっかけで来日し、デビューする前例がこれまでにもあったからだ。

   アメリカの美少女マギボンさんは「Youtube」で、「日本に来たい!」と訴えかけた。アップしていた動画ではたどたどしい日本語を使い、「私は行きたい、ずっとずっと行きたい。ニポン。頑張ります。あなたも頑張ってください」と語ったことが話題になった。マギボンさんはその後、念願叶って日本に来日。動画サイト「ギャオ」の番組、TBSラジオへの出演し、メディアデビューを果たした。

   タレントのリア・ディゾンさんが来日を果たしたのも、もとは自身のウェブサイトが評判を呼んだことがきっかけだった。リアさんはアメリカで、グラビアモデルやレースクイーンとして活動していた。が、あるとき、自身のウェブサイトを立ち上げ、画像をアップしたところ、日本の女子高生風のセーラー服姿の写真が大評判となった。その後、日本の芸能事務所がオファーを出し、来日。日本では2006年頃から「グラビア界の黒船」として、漫画誌のグラビアを飾り、大ブレイクしたのだった。

   彼女たちの場合は日本での芸能活動を希望していたという実情もあるが、ベッキーさん人気は今のところ、ネット上で抜群だ。こうした前例もあり、ネット上ではすでに、

「日本の芸能プロダクションは動かないのか?」
「日本に連れて来たらヤンジャングラビアデビュー出来るレベル」
「これ絶対日本にくるね」
「で、いつ来日するんだ?」

などと書き込まれ、期待感で盛り上がっている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中