サントリーとニッカが増産 若者に人気で「ウイスキー復権」

印刷

   ウイスキー市場はここ10年連続して落ち込んでいたが、2008年秋頃から若者層に人気が出始め、浮上の兆しが見えている。ウイスキーをソーダ水で割った飲み方がウケているそうだ。そんな中、サントリーはウイスキーの09年生産量を前年より1.0%増やす。増産は11年ぶりのことだ。

自宅消費、飲食店での取り扱いともに伸びた

   手頃な価格で初心者が挑戦しやすい「角瓶」の09年1~4月の出荷量は、前年同期比113%と伸びている。「角瓶」をソーダ水で割った「角ハイボール」という飲み方をテレビCMなどで提案し、若者にうけたようだ。

「家飲み、飲食店での取り扱いともに伸びています。女優の小雪さんを起用したCMの効果も大きかったと思います」(サントリー広報)

   高級シングルモルトの「山崎」も09年1~4月の出荷量が前年同期比10%増と好調だ。

「もともとウイスキー愛飲者には定評がありますが、最近増えているのは角瓶を入り口にして、ウイスキーをもっと深く知りたいというお客さんです。バーでの取扱量がかなり増えました」(同)

ニッカも出荷量を前年より3%増やす

   「竹鶴」「余市」や、手頃な価格の「スーパーニッカ」を発売するニッカも、09年の出荷量を前年より3%増やす。広報担当者によると、若者に「スーパーニッカ」が人気だという。

   08年の国内ウイスキーの出荷量は前年比100.1%の723万ケース。シェア6割を占めるサントリーと、ニッカが増産することで、09年は「ウイスキー復権」の年となりそうだ。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中