内外タイムスに「エロ記事」復活 娯楽紙として「あるべき姿」がこれだ

印刷

   夕刊紙「内外タイムス」に「エロ記事」が復活した。新しい経営陣の意向で2009年4月から約1か月間、風俗情報や広告を掲載していなかったが、「娯楽紙としてあるべき姿」に戻すため、方針を転換したという。また09年6月1日には異例の「故内外タイムス新聞葬」を開催。「新聞名」を一般公募することも発表した。いったい何があったのか。

「夕刊紙に政治経済記事を期待するなど」

   内外タイムス社は08年11月、不動産事業のアムス・インターナショナルに買収された。このオーナーの意向が「日経新聞のような夕刊紙を目指す」ということで、「エロ記事」の掲載を09年4月6日から取りやめていた。

   だが、この方針に読者は反発。内外タイムスの公式サイトにある掲示板「世間に一言」にも、

「紙面の方向転換については、とても残念です。夕刊紙に政治経済を期待するなど、経営陣の錯誤です」
「ストリップ劇場の広告載ってるかぎりは買い続けてたが、僕ももう買わないですね」

と残念がる書き込みが目立っていた。

   そういった声を反映してか、部数も伸び悩み、経営も行きづまった。そしてついに09年5月8日、臨時株主総会が開かれ、前経営陣とは「決別」。紙面を再び「娯楽紙としてあるべき姿」に戻すことを決めたという。「エロ記事」も5月22日から掲載を再開した。内外タイムスの担当者は、「夕刊紙で誰も政治・経済なんて堅いものは読みたくないですよね」とし、「風俗情報だけでなく、本来『内外タイムス』としてやっていた、会社帰りにホッと一息つける記事」を目指して紙面づくりに励むと話している。新しい経営陣に関しては具体的に名前を明かさなかったが「色々な事業を展開している企業」として、「今月末の定期株主総会後には、正式に発表できるでしょう」と話している。

「正直、広告は減っちゃっていますね」

   ただ、今回の影響は大きかった。内外タイムスの風俗情報を掲載しているウェブサイト「内外タイムス三行広告本家」を運営するプランニングオフィス・エーの担当者は、

「正直、広告は減っちゃっていますね」

と内情を明かす。風俗記事が掲載されていなかった約1か月の間、一時的に他の新聞へ広告が流れるなどしており、すぐに戻すというのは難しいという。

「今回の再転換で部数が増えてくれれば広告も戻り、伸びてくると思うんですが」

と、今後の回復に期待、という様子だ。

   内外タイムスも手をこまねいているわけではない。創刊60周年を迎えた09年6月1日には「故内外タイムス新聞葬」と銘打って都内で異例の「社葬」を行った。同日発売の「内外タイムス」一面には「内外死から生へ」と報じ、再起をアピール。同時に「生まれ変わり」をアピールするため、新しい「新聞名」を一般公募している。社名は「内外タイムス社」で変わらないが、夕刊紙「内外タイムス」の「新聞名」を応募のなかから1か月程度かけて選定し、改称するという。

   前出の内外の担当者は、「夕刊紙4紙の中でも厳しい状況にある」と明かし、「歴史ある『内外』を取り戻そう!という意味でのイベント」と説明。「今後も積極的に事業展開していくので、本来の読者が戻ってくることを期待している」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中