ロッテ次期監督「江川卓」 この人事可能性あるのか

印刷

   元巨人軍エースの江川卓氏 (54)が、千葉ロッテマリーンズの監督に就任するというニュースが流れた。ボビー・バレンタイン監督(59)は今期限りでの退団が決まっており、その後釜というわけだ。ただ、球団広報も「まだ何も決まっていません」と強く否定する。単なる観測気球なのか。

スポーツ報知がデカデカと報じる

江川氏はロッテの監督になるのだろうか?
江川氏はロッテの監督になるのだろうか?

   1面トップで「ボビー後任 江川氏 ロッテ監督」とデカデカと報じたのはスポーツ報知(2009年6月5日)。今期限りで退団のボビー監督だが、その人気は依然高いため、後任にはファンが納得する、「ボビー」に勝るとも劣らない人材を球団側は求めている。そうした中、候補として急浮上したのが江川氏だというのだ。人気だけでなく「カリスマ性と卓越した野球理論」を兼ね備えている、と球団が判断し有力候補に上がってきた、と同紙は書いている。

   ボビー監督の続投は、監督自身とロッテファンの多くが強く望んでいた。しかし、09年は監督としての4年契約の最終年。05年に31年ぶりの日本一に導いたものの、その後の成績はぱっとせず、優勝の翌年はパリーグ4位。08年も4位だった。ボビー監督の年俸は推定5億円。年俸に見合う成績が出せていないことと、年間30億円近いといわれる赤字を減らすため、球団側は契約の打ち切りを08年12月に発表した。

   ネットでもこのニュースに驚いた人も多いようで、掲示板やブログを検索すると、

「江川から監督やりたいオーラをすごく感じるから指名されたら絶対やると思う」
「江川監督 掛布ヘッドだな 仲いいし」

など話題にはなっている。

順当なら西村徳文ロッテヘッドコーチが就任?

   実際、「江川ロッテ監督」の話しはどこまで進んでいるのだろうか。千葉ロッテマリーンズ広報に確認してみたところ、ボビー監督の後任の候補者は100人くらいいて、

「この時期にはまだ何も決まっていませんし、記事についての問い合わせは、今のところマスコミから1本も入ってきていません」

ということだった。

   パ・リーグ球団関係者の話によれば、ロッテは「バレンタイン降ろしをしている」という悪いイメージを払拭するため、このところ監督候補として「与田剛」や「高橋慶」「西村徳文」といった元人気選手の名前を漏らしている。江川氏もその一人だろうということだ。ただし、江川招致にはお金も必要で、球団経営は赤字のため、江川氏に大金を使うことなどありえない、と断言する。それでは誰が有力候補なのかというと、

「順当ならロッテヘッドコーチの西村でしょう。内部昇格ならたいしてお金もかからないですし、その方向で準備しているとの情報も得ています」

ということだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中